屋根ドローン空撮|横浜・神奈川・東京の屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

屋根ドローン空撮調査

ドローン空撮調査とは?
ドローン空撮調査とは、ドローン(無人航空機)を使用して、お客様の大切な屋根を空撮調査する事を指します。今までは職人が屋根に上り、目視による確認が一般的でしたが、ドローン空撮を取り入れることにより、お客様と一緒に屋根の状態をリアルタイムに確認する事が可能です。
また、職人が屋根に上らずに済みますので、上る為の時間や危険性などの回避にもつながります。

ドローン空撮調査とは?

認定資格証

産業用ドローン専用保険

ドローン空撮調査のメリット

不用意な屋根破壊防止

不用意な屋根破壊防止

職人が屋根に上ることで起こりうる屋根に上った際に屋根を壊してしまうことを回避できます。
一緒に見れる

一緒に見れる

ドローン空撮調査した映像をリアルタイムで一緒に見ることができます。
高さの制限がない

高さの制限がない

3階建てや4階建て等、今までは上れなかった高層階の屋根でもチェックが可能です。

ドローン空撮調査の安全性

ドローン空撮と言えば思い浮かべるのが「安全性」の問題です。当社では、国土交通省が認定した民間の講習団体の作業員がドローンの操作に従事致しますのでご安心下さい。
また、飛行場所によっては別途申請が必要になる場合がございます。その際の手続きなどは当社で行いますが、許可が下りない場合も御座いますので、あらかじめご了承ください。
ドローン空撮
・人又は物件との距離が30m以上確保できる離発着場所が必要です。
・風速5m/s以上の場合には撮影ができません。
・雨天・雪等の場合には飛行を中止致します。
・高圧線、変電所、電波塔及び無線施設等の付近では飛行できません。

ドローン保険のご案内

当社では、不測の事態に備え、当社は産業用ドローン専用保険に加入しておりますので、ご安心下さい。
また、安全を期すため、国土交通省の指針に基づき、以下条件の場合にはドローン空撮を中止致しますので、あらかじめご了承ください。
■ 補償の対象
(1)産業用途で使用されるもの
(2)用途が曲芸(エアーショー)用または軍事用でないもの
■ 補償の対象となる事故
ドローンに生じた、不測かつ突発的な事故
(例)墜落や他物との接触、火災、落雷、爆発、雹災、雪災、水漏れ(水災を除きます)、外部からの物体の飛来または衝突、盗難、いたずら 等
※以下のような場合は対象外となります。
ブレードに単独で生じた損害、操縦中の保険の対象の行方がわからなくなり発見されなかったことによる損害、地震、噴火、津波 等

PageTop

無料屋根診断