耐震実験|横浜・神奈川・東京の屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

耐震実験

耐震実験をしてみました!

「重い屋根を変えたら本当に耐震性能は上がるの?」そんな疑問を解決するために、当社のお客様にご協力いただき、メーカーとタイアップして屋根の耐震実験を行いました。

計測方法

動的計測システム

ビイック株式会社の動的計測システム「動的耐震計測システム DYNAS」を使用し、実際に耐震性能の実験を行いました。

【動的計測システムとは・・・】
小型起振機のゆれを利用して建物に小さな地震を起こし、家がどのくらいの震度まで耐えられるか、具体的な数値を測定する計測法です。
建物を揺らすといっても、人間がようやく感じる震度1程度の微弱な地震なので、物が倒れたり、建物自体を傷つけたりすることのない、とても安全な調査方法です。

動的計測システムとは・・・

実証実験概要

改修部分

Before
After
改修前
改修後
既存瓦屋根
約50kg/平方メートル

※2018年4月5日
鋼板系軽量屋根(エコグラーニ)
約7kg/平方メートル

※2018年5月2日
※在来軸組工法2階建の木造住宅(平成4年新築【築26年】)延床面積/1F:70.38平方メートル 、2F:53.0平方メートル

ビイック社による実証実験・データ

X・Y方向の固有振動数拡大表示

結果1

屋根の取替前後を比較すると、取替後は建物の固有振動数が上昇しています。
住宅の重量が軽くなったことによって建物の耐力性能が上がったことを示しています。

変位応答値拡大表示

結果2

軽い屋根への取替によって住宅南側計測値の固有振動数が5.5Hzから7.1Hzへと上昇したことから、地盤の固有振動数(3Hz)との離れが大きくなり、2倍強に達しているため、地盤と建物の共振はない(揺れにくくなった)ものと考えられます。

固有振動数と動的壁充足率拡大表示

結果3

固有振動数を壁充足率に換算して考えると、2.02( 取替後)÷1.26( 取替前)=1.60となり、60%壁充足率が上昇したことから、その分建物を支える力が強くなったと考えられます。

↓

軽い屋根の交換によって、耐震性能が上昇したことが考えられます。
〜今回の実証実験で分かったこと〜
★瓦を降ろして鋼板系軽量屋根に葺き替えたところ、壁耐力性能が約60%向上した
★建物の固有振動数が上昇した結果、地盤と建物の共振も減少した(揺れにくくなった)

屋根の軽量化により耐震性能は向上します!

こんな方はぜひ屋根修理プロにご相談ください!
Check 10年以上屋根のメンテナンスをしていない
Check 大地震が起きたときに耐えられるか心配
Check 屋根の耐震対策を行いたい
Check 屋根の診断を行ってほしい
こんな方はぜひ屋根修理プロにご相談ください!
屋根は家を守るという重要な役割を担っています。
屋根の軽量化による耐震性能向上効果を担保するには、より軽い屋根を使用することをお薦めします。
熊本地震や大阪北部地震でも瓦屋根の損壊被害が大きかったことから、既存住宅の耐震改修の際には、瓦屋根であればまずは軽量化を図ることが、耐震性能の向上はもちろん、住宅の劣化・維持管理対策にも効果が大きいと考えます。
屋根修理プロでは無料で屋根診断を行っております。現状の屋根の耐震性に不安のある方はぜひ一度ご相談ください。
ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお問い合せください。

PageTop

無料屋根診断