火災保険について|横浜・神奈川・東京の屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

火災保険について

ご存知でしたか?台風・大雨・大雪等で壊れてしまった屋根や雨樋・外壁など 火災保険で修理できるんです!

保険について

こんなことで悩んでいませんか?

こんなことで悩んでいませんか?

●雨漏り、雨染みがある。
●強風で物が飛んできて屋根に穴が空いた。
●台風で瓦がずれた・飛ばされた。
●車が疾風でよろけて外壁に衝突した。
●雪の重みで屋根に穴が空いた・変形した。
●隣りの屋根の雪が大量にカーポートに落ちてきて破損した。
●ひょうが降って屋根が破損した。
●竜巻でスレート屋根が飛ばされた。
●暴風雨が起きトタンの一部が剥がれた。
●震災で屋根が破損した。

火災保険の風災保証で修理できた例

突風・強風・台風・豪雨・積雪・落雪・ヒョウなどによる被害で、火災保険を受けられます。
また、一見経年劣化と思うような状態でも十分に火災保険で修理できる可能性があるのでご相談ください。

雨漏り

雨漏り

釘の浮き

釘の浮き

台風破損

台風破損

火災保険の風災保証で修理できた例

火災保険の風災保証で修理できた例

火災保険の風災保証で修理できた例

火災保険の風災保証で修理できた例

火災保険の風災保証で修理できた例

火災保険の風災保証で修理できた例

火災保険の風災保証で修理できた例

火災保険の風災保証で修理できた例

火災保険の風災保証で修理できた例

火災保険で修理できなかった例

100%経年劣化の場合は火災保険が効きません。下記のような事例は火災保険で修理できませんので、ご注意ください。
1.前回 修理した箇所からまた雨漏りが始まった。
2.新築当時から雨漏りしている。
3.太陽光パネルを設置したら雨漏りがしてきた。
4.屋根の塗装をしたら雨漏りがしてきた。
5.増築後に屋根を覗いたら瓦が割れていた。

経年劣化

経年劣化

経年劣化

経年劣化

経年劣化

経年劣化

保険適用になるのかな?
そんな疑問を持たれている方へ

屋根修理プロは1級建築士による診断を致します。保険適用率82%手数料は無料です!一切頂きません。

火災保険を申請するには、状況説明、写真、見積書などの書類が必要になります。面倒な書類の作成、申請に関するアドバイスなど、屋根修理プロがお手伝い致します。保険会社へ連絡する前に、まずは当社にご相談ください。

火災保険で屋根修理をした事例

火災保険で屋根修理をした事例

火災保険で屋根修理をした事例

火災保険で屋根修理をした事例

個人で補助金申請を行う場合

ご自分で準備する場合は下記のものが必要となり、その上でリフォーム会社に依頼しなければなりません。申請の手続きは複雑で専門的な知識が必要となる為、一般の方はほどんどご自身で行わないのが現状です。

鑑定士への状況説明

鑑定士への状況説明

被災箇所の写真撮影

被災箇所の写真撮影

見積書などの書類作成

見積書などの書類作成
<ご注意>
保険会社に申請する時に「たった一言、言い方を間違えてしまって、2度と保険が下りなくなってしまった…。」なんていう事もお聞きします。それぐらい保険の申請は難しいものなのです。
屋根修理プロでは、1級建築士による診断をした上「どのように手続きしたらよいか」等を無料で詳しくアドバイスさせて頂きます。
保険会社へ連絡する前に、まずは当社にご相談ください。

すでに屋根修理を行っている場合

火災保険の対象に限り、修理後2年以内なら申請可能です。
<申請に必要な書類>
1.修理工事をする前の損害箇所の写真
2.修理工事をした後の修理個所の写真
3.修理工事に関する工事代金の見積もり・領収書

火災保険の対象に限り、修理後2年以内なら申請可能です。

火災保険を申請するには、状況説明、写真、見積書などの書類が必要になります。面倒な書類の作成、申請に関するアドバイスなど、屋根修理プロがお手伝い致します。
保険会社へ連絡する前に、まずは当社にご相談ください。

PageTop

無料屋根診断