悪徳屋根修理業者の特徴や手口|東京・神奈川・横浜の屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

FAQ

悪徳屋根修理業者の特徴や手口とは?

屋根の修理が必要になって、東京で屋根の修理をしてもらえる業者をネットで検索すると、大手から地域密着型の修理屋さんまで、たくさんの業者がヒットしました。
いくつか気になった会社のサイトを見てみると、この業界には悪徳業者もたくさん混ざっていて、特に東京にはその数が多いようなことが書かかれていました。
心配なので質問させていただきますが、悪徳と呼ばれる業者の特徴や手口はどういうものなのでしょうか?
それと、大手や地域密着型の屋根さんの特徴や、それらを利用した場合のメリットなどがあれば教えてください。

answer

訪問販売には気を付けましょう

悪徳屋根修理業者は、屋根が古くなっていると言って訪問販売をかけることが最も特徴的な手口なので、まずはここで話に乗らなければほとんど騙されることはありません。
無料点検をすると言って上手く懐に入り込んで、屋根の写真やビデオを撮って、必要のない修理をするように迫ってくる手口は良く見られます。
価格の安さをアピールしてきたり、保険を利用すれば修理代が無料になる、補助金を利用できるなどと持ち掛けるのも、悪徳業者の代表的な手口です。
訪問販売ばかりが悪徳業者の手口ではありませんので、騙されないためには、1社だけではなく、複数の業者から話を聞いて、相見積を取るようにしましょう。
間違ってもホームページを持っていない業者や、所在がはっきりしない業者とは取引しないでください。
この点大手や、長くその地域で営業を続けている地域密着型の屋根修理業者とは、安心して取引ができます。
大手の場合は材料の大量仕入れで料金が安くなるのが魅力で、対応エリアが広いのも特徴です。
地域密着型の業者は、何かあった時にはすぐに対応してもらえるのが大きな魅力で、地域独特の気候条件などを考慮した施工をしてくれるケースが多いのも特徴です。

PageTop

無料屋根診断