屋根の劣化で屋根修理|東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉エリアの屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

FAQ

東京に在住しています。屋根の劣化が気になります。そろそろ屋根修理をするべきでしょうか?

現在東京に在住していますが、先日ご近所の方から屋根の瓦がずれていると指摘を受けました。自身でも確認してみると確かに屋根の瓦の一部がずれており、よくみると欠けている部分も見受けられました。まだ範囲はそこまで広くありませんが、強風や大雨などがあった時に屋根自体も心配ですし、屋根の一部が飛んでしまってご近所にご迷惑を欠けたり、最悪の場合は人に当たったりと行ったことが起こらないか心配になってしまいました。
このような場合は修理をするべきでしょうか?築年数は20年ほどです。

answer

瓦のずれや欠けている部分がある場合は早急に修理に取り掛かりましょう!

屋根の形状やご自宅のある地域の気候等によっても異なりますが、一般的に築年数15~30年ほどで屋根は寿命を迎えると考えられます。
そのため今回瓦のずれや一部欠けが見られたということでおそらく屋根の寿命を迎えているものと考えられます。
その他、屋根のサビ、苔、変色等も屋根修理の目安となります。
苔や変色は屋根の耐久性に影響してきますので近いうちに除去をする必要があります。
そして、今回のように瓦のずれや欠けがあるということは大雨が降った時など雨漏りを起こす危険性もありますので、早急に修理をすることをお勧めいたします。
一部の欠けやずれで範囲が広くない場合は部分修理で問題ないかと思います。しかし、現状をそのまま放置してしまい、雨漏りや修繕の範囲が広がってしまう場合には、屋根の葺き替え修理が必要となります。そうなると費用も大きく変わってきてしまいますので、早い段階で修理をしておくことと良いでしょう。
一般的に一部補修の場合はだいたい数万円〜数十万円程度で収まることがほとんですが、葺き替えとなると100万円単位で金額が発生してしまうこともあります。
東京都内で屋根修理にお困りの場合はぜひ一度弊社までご相談くださいませ。

PageTop

無料屋根診断