屋根修理とリフォームの差は何ですか?|東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉エリアの屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

FAQ

屋根修理とリフォームの差は何ですか?

東京都内にある築23年ほどの戸建てに住んでいます。中古物件を破格の値段で購入したのですが、生活してから工事不備ではないかと思うような不具合があったり、経年劣化による影響もあり風呂場や洗面所はリフォームをしました。ここ数年は台風が多いため家の外に関しても手入れをしなくては行けなくなり、マイホームを維持する大変さを痛感しています。大雨の時に2階の娘の部屋で雨漏りがあり、雨が止んでからすぐに修理業者に来てもらいました。ネットで見つけた近場の業者さんでしたが、すぐに来てくれて屋根を見て頂くと、屋根材がかなり劣化していて耐久性が落ちているため、形状がまっすぐでなく反り返っているため、そこから雨が侵入したのだろうと言われました。屋根材の塗装がほぼ剥がれており機能していないようで、修理と言うより全体的なリフォームが必要な時期だと言われました。雨漏り箇所は対処してもらったものの、リフォームに関しては一度考えるとお返事したのですが、全体的な修理がリフォームと言うことでしょうか?

answer

部分的な修理から全体的なものまで全てがリフォームにあたります

修理個所の範囲に関係なく、修理そのものがリフォームであり、規模が小さいほど費用も抑えられます。屋根は日々、紫外線や風雨、雪や湿度などの影響を受け経年劣化が進みます。そのため、適時メンテナンスが必要であり、被害が出る前に対処しておくことで長持ちに繋がったり被害を最小限にとどめることが出来ます。
ストレート屋根材は耐久度の劣化で反り返りが起こり、それが原因で雨の侵入を許すことがあります。また、経年と共に屋根材の塗装効果が薄れていくものですが、塗料の効果が切れると簡単に割れるようになります。このような状態では屋根の機能を果たさず、屋根修理以上の修理に発展する場合もあるため、早期の修理が必要です。屋根修理業者へ相談され、まずは相見積もりを取られてはいかがでしょうか。

PageTop

無料屋根診断
屋根修理プロ

Copyright(C) 屋根修理プロ All Right Reserved.