瓦屋根から軽い屋根材に変える費用対効果|東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉エリアの屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

FAQ

瓦屋根から軽い屋根材に変える費用対効果はあると思いますか?

親が所有していた古い戸建ての家を私が相続することになりました。築35年で劣化が隠せないため外壁の塗装をやり直し、室内もリフォームを入れて一掃するつもりです。元手なしで都内の家が持てる分を補修費用に充て、むしろ最新のキッチンや浴室などを取り入れたいと思っています。一点、懸念しているのは屋根です。昔ながらの瓦屋根ですが丈夫な利点と地震には弱いため耐震向きではないと聞きました。瓦屋根は重い分揺れが激しく、倒壊の恐れを招くとも耳にしたため、地震の多い東京で今後のことを考えると不安です。屋根修理をするならば今のこのタイミングかとも思いますが、屋根修理費用はどのリフォームよりも高額と言いますし、ちょっと考え中です。それだけの費用対効果が本当にあるか、屋根材を変えても一生ものではないため、またリフォームが必要になると想定すると、もう少しこのまま行ってもいいのではとか、頭の中が迷走しています。アドバイスを頂けますと幸いです。

answer

耐震対策をすることが建物の倒壊を防ぐことに繋がります。

耐震基準を満たしていない住宅は倒壊の危険性が高まります。築年数が新しいほど耐震性能は高くなっていますが、新耐震基準を満たしていても大地震時の建物被害は0%にはならないため、基準を満たしていなければ大破の可能性が高くなるのは歴然でしょう。
耐震性能を高めるための耐震改修工事は壁の補強、屋根の軽量化、建物接合部の補強、建物の基礎強化などが挙げられます。ご存知のように、瓦屋根は重量があるため地震時の揺れが大きくなります。屋根材を軽量化することで揺れは小さくなり、建物への負担を軽減するため、倒壊を防ぐことに繋がるのです。これが2011年3月に発生した東日本大震災を機に、耐震対策を重視した屋根材への見直しを強化することになりました。よって、屋根修理というより、耐震対策工事と捉え、検討される必要があるでしょう。
屋根の無料診断を行っている屋根修理業者がありますので、建物と屋根の状態を診断してもらい、プロの見解を聞くのも一つのアイデアだと思います。

PageTop

無料屋根診断
屋根修理プロ

Copyright(C) 屋根修理プロ All Right Reserved.