屋根の耐用年数|東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉エリアの屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

FAQ

屋根の耐用年数はどのくらいですか?

東京23区内のとある住宅地で中古物件を購入したのは20年ほど前。そんなに大きな家ではありませんが2階建てで購入当時は割とオシャレに見えたシンプルなグレーの外壁が気に入りました。
戸建ての多い住宅街なので不審者がいると分かりやすいだろうし、子供たちも近所に友達が住んでいたら嬉しいだろうと思ったのです。また、学区も良く周辺環境も便利で私や妻も通勤しやすかった点も気に入りました。これまで、家の中は水廻りのリフォームを順番にしましたが家の外側に関しては手付かずでした。
今の所、雨漏りはありませんし、外壁にカビなども見当たらないのでよい建築会社だったのだと感謝していますが、自身で確認できない屋根はどうなっているのだろうと気にもなります。家自体は築32年なので、以前住んでいた人がリフォームをしていないとすればかなりの年数が経過していますからメンテナンスが必要なのではとも思います。
屋根の耐用年数はどのくらいが一般的でどのタイミングで屋根修理などを行うものでしょうか。

answer

20~30年が耐用年数の目安とされています

屋根材はいくつかの種類があり、種類により耐用年数が異なります。また、耐用年数は塗装などのメンテナンスを行った上での目安の為、メンテナンスを行っていない屋根の場合は耐用年数が短くなります。日本瓦のような粘土瓦は耐久性が高く、半永久的に持つと言われますが、瓦の内部に敷かれた防水シートは20~30年で劣化するため、そのタイミングでシートを交換し同じ瓦を葺く葺き直しや、葺き替え工事が必要とされます。その他の屋根材で葺き替えが必要とされる屋根の劣化状態にはいくつかのポイントがあります。一つは広範囲にわたるヒビ割れやカケが見られる場合です。また、屋根の防水性が落ちたことでコケが繁殖していたり、水分が屋根材内部まで浸透し、屋根が柔らかくなっているケース、更には雨漏りするといった状況です。これらの状況が深刻になる前に対処することで建物を傷めず、修理費用を抑えることに繋がります。
屋根の無料診断を行っている専門業者へ点検してもらい、劣化の症状が出ていないか、修理の必要はあるか確認されるとよいでしょう。

PageTop

無料屋根診断
屋根修理プロ

Copyright(C) 屋根修理プロ All Right Reserved.