瓦屋根が割れた時の修理方法|東京・神奈川・横浜の屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

FAQ

瓦屋根が割れた時の修理方法とは?

こないだの大型連休中に、急に主人に仕事が入ったので、その間子供たちを連れて神奈川の私の実家に連れて帰りました。
うちには小学生のやんちゃな坊主の年子がいて、いつも注意してもやんちゃばかりしてヒヤヒヤすることが多くて、実家に帰ると喜んで両親が子供たちの相手をしてくれるので、私は完全に開放ムードで、主人が仕事の3日間、両親に子供たちを預けて、実家で朝から晩まで好きな時に寝て起きてゴロゴロしていました。
両親ははりきって遊園地やデパートなどいろいろなところに子供たちを連れ回して、おもちゃなども買い与えてくれて二人共大喜びしていましたが、最終日はさすがに両親共疲れてしまったようで、危ないので外には出ないで家の中で遊んでいるように伝えていました。
しかし、家の中にいるはずの子供たちがいなくなったので、心配になって家中を探してみると、何と二人で実家の屋根の上に登っているのを発見しました。
危ないので大声ですぐに降りるように指示して、もう二度と屋根には登らないように注意をすると、反省してしばらく泣いていましたが、その後下の子が瓦の屋根が結構割れていたことを父に言い出しました。
それを聞いて父が心配になっていたので質問しますが、屋根が割れる原因と、屋根が割れた時の修理方法を教えてください。

answer

すぐに屋根の修理業者に診てもらいましょう

瓦屋根が割れる原因には、経年劣化の他にも、台風や防風によって飛来物が屋根にぶつかるケースや、落雷や雹があたって傷付けられるケースもあります。
暖かい地域ではあまり起こりませんが、凍害によって瓦屋根が割れることもあります。
いずれにせよ、素人が屋根に上がることは危ないので絶対にしないようにして、すぐに屋根の修理業者に連絡して、状態を確認してもらいましょう。
部分的な修理で対処できることもありますが、場合によっては屋根の葺き替えや重ね葺き工事が必要になります。

PageTop

無料屋根診断