屋根の修理やメンテナンス時期|東京・神奈川・横浜の屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

FAQ

屋根の修理やメンテナンスはいつすればいいの?

昔ながらの日本の和をこよなく愛していて、良く若いのに変わっていると言われることも多く、結婚して地元の神奈川で家を建てる時にも、あまり和風を好まない妻から、家を伝統的な日本家屋にしたいと申し出ると猛反対されてしまいました。
夫婦喧嘩の解決策として、家の外観は譲れないので、寝室と子供部屋は洋風にすることで何とか話がまとまり、もちろん屋根には瓦を使用して、大満足の仕上がりになりました。
確かに、重くて地震がきた時には不安要素もありますが、瓦屋根は断熱性や遮音性に優れていて、耐久年数も長いなどのメリットをしつこく妻にインプットすると、最終的には瓦屋根の格好良さを理解してくれました。
家を建ててもらった建設会社の現場担当の監督さんから、家の引き渡しの時に定期的なメンテナンスが屋根にも必要だと聞きましたが、家を建てて今年でちょうど10年を迎えるのですが、具体的にいつのタイミングで屋根の修理やメンテナンスをすればいいのでしょうか?
その見極め方などはあるのでしょうか?

answer

修理やメンテナンスのタイミングは10年程度です

瓦屋根を状態良く維持するためには、定期的な修理やメンテナンスが必要で、そのタイミングは一般的に10年程度とされています。
それを怠らなければ、瓦は50年もの寿命があると言われています。
瓦屋根の修理やメンテナンスが必要かどうかは、家を建ててもらった施工会社に診てもらってもいいのですが、10年以上経っていればすでに保証も効かなくなっていて、費用が自己負担になり、施工会社が間に入ると修理費用なども高くなってしまいます。
したがって、瓦屋根のしっかりしたケアができる屋根の修理業者に直接お願いして、まずは現状を確認してもらうことをおすすめします。
瓦に割れや破損があったり、ずれていたり、全体的に屋根に歪みが出ていれば、修理やメンテナンスが必要なことを示しています。

PageTop

無料屋根診断