雨漏りの屋根の修理はどこに依頼すべき?|東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉エリアの屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

FAQ

雨漏りの屋根の修理はどこに依頼すべき?

先日突然2階の寝室の天井から雨漏りが起きました。
朝起きたときにそのことに気づいて、家族全員が出勤や通学をしなければいけなかったので、雨漏りしていたところにバケツを置いて家を出ました。
家に帰ってくると雨も止んでいたので雨漏りも収まっていて、バケツにもわずかな量しか水が溜まっていなかったし、しばらくは天気予報でも晴れの日が続くので、慎重に屋根の修理を依頼する業者を選ぼうと思って質問させていただきました。
家を建ててもらったのは地元のハウスメーカーですが、そこに修理を依頼すると中間マージンが発生して修理費用も高くなることは理解しています。
そこで、直接修理を請け負ってもらえる神奈川の業者さんに絞って探しているのですが、雨漏りの修理はどこに依頼するべきでしょうか?

answer

築年数が浅い場合は施工会社を選んだ方がいい場合もあります。

確かに、ハウスメーカーや工務店やリフォーム会社に屋根の修理を依頼すると、下請け業者に連絡がいって余計なクッションが間に入るため、依頼する側からすれば損をすることになってしまいます。
しかし、家を建ててまだそれほど年月が経っていない場合は、無償で修理をしてもらえる可能性が高いので、まずは施工会社に尋ねてみることをおすすめします。
目安としては、築10年以内です。
築年数が経っている場合は、屋根の修理を直接請け負ってもらえる業者に依頼した方が、費用面ではメリットがあります。
雨漏り修理の業者選びのポイントとしては、「雨漏り診断士」や「建築板金基幹技能者」などが有無と、実績があるかどうかです。
修理後のアフターや保証も大切なポイントで、もちろん修理にかかる費用は、事前に見積書を出してもらって、1つだけではなく、最低でも3社から相見積りを取ることをおすすめします。
見積書を出してもらうときの現地調査の仕方も、信頼できる業者選びのポイントで、調査が短時間で終わって見積内容も簡易な業者は、候補から除外した方が賢明です。

PageTop

無料屋根診断