屋根修理はどこへ依頼すれば良いか|東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉エリアの屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

FAQ

屋根修理はどこへ依頼するのが良いですか?

神奈川の実家は築50年以上になる古い家で、元々は祖父母が暮らしていて、両親が結婚当初から同居していた家です。昔ながらの瓦屋根で祖父の知り合いの大工さんが建ててくれた家なのだとよく話していました。当時は今のような耐震構造はなかったものの、自然災害にも耐えうる頑丈な家を創ってくれた昔の職人の腕の凄さを感じます。しかし、ここ数年の台風の多さや強風影響も受け、瓦が飛んだり、ずれたりすることがありました。父が屋根に上がり直してその場はしのぎました。ところが、先週の大雨の時、家の一角に雨漏りが発生してしまいました。天井からポタポタと水が垂れて和室の畳がびしょびしょになっていたのです。急いでバケツを置いて対処しましたが、翌朝にはバケツが水でいっぱいになっていました。天井にも染みが残っています。これまで父が素人ながら瓦の手直しくらいはしましたが、屋根修理となると難しく何より危ないので業者さんに頼もうということになりました。屋根修理を専門にしている業者さんはあるでしょうか?どこへ依頼すればよいか教えてください。

answer

屋根専門業者へ相談するのが良いでしょう

日本瓦は耐久性が高く、断熱性や遮音性の高さにも優れる屋根材として昔から日本の家屋で使用されてきました。独特の風格があり、日本家屋とのマッチングは言うまでもなく抜群です。欠点としては重さがあるため家屋への比重がかかり耐震性に欠けること、瓦の需要が減っていることから価格が高いこと、瓦以外の漆喰のメンテナンスが必要なことなどがあります。
雨漏りの原因特定は専門家でないと難しいため、屋根専門業者に点検してもらう必要があるでしょう。雨漏り箇所と原因に合わせ修理してもらうことになります。
が進行すると木部や金属部まで腐食が進みカビやシロアリが発生する危険性があり、住宅の寿命を縮めることになりかねません。
早めに業者に相談され修理対応してもらいましょう。

PageTop

無料屋根診断