神奈川県を襲った台風で屋根修理が必要|東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉エリアの屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

FAQ

神奈川県を襲った台風で屋根修理が必要になりました

先日の台風の被害で屋根から雨漏りするようになってしまいました。
見た目には瓦が飛んだりはしていないものの、雨が降ると室内にポタポタと水滴が落ちてきてしまう状況です。
天井にもシミができてしまっているので早急に修理を依頼したいと思いますが、こういった場合は屋根の上からの修理ですか?それとも室内で長時間の作業になりますか?
教えてください。

answer

すぐに屋根工事専門業者にご連絡ください

部屋の中まで進行してしまっている雨漏りは、基本的に屋根の一部が破損していると思われるので、一刻も早く屋根修理業者へのご連絡をおすすめします。損傷の程度によって、家内部での対応になるのか屋外での作業が必要になるのかも決まります。
住んでいるご自宅が中古物件だった場合、屋根の更新時期にも目を向けておきましょう。一般的に屋根板の更新時期は13年から20年と言われています。
近年では屋根材の素材のバラエティも広がってきていて、少々チープな樹脂製の屋根か高級な瀬戸物瓦か、という二択ではなくなってきました。軽量な瓦もあれば、樹脂セメントを瓦のような見た目に加工した屋根も存在します。どちらも従来の瓦と比べると軽量で、風雨にも強く設計されています。
特に近年は激甚災害に指定される台風や土砂災害も増えています。
雨漏り対策を機に、屋根や壁など抜本的なご自宅の災害対策を考えてもいいかもしれません。
その際も屋根工事専門業者にご相談ください。多くの場合、提携する工務店とともに総合リフォームを提案してくれることでしょう。
いずれにせよ、住宅のどの部分でも自然環境にさらされている以上、経年劣化は避けられません。私たちが思っている以上に風雨の住宅に対する影響は大きく、見た目以上のダメージを負っていることも少なくありません。リフォームの一環としての改修もいいですし、長いスパンで見て少しずつ改修していくのもいいでしょう。

PageTop

無料屋根診断
屋根修理プロ

Copyright(C) 屋根修理プロ All Right Reserved.