神奈川県で屋根修理|東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉エリアの屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

FAQ

神奈川県で屋根修理を頼むならどこに頼んだらいいのでしょうか

先日の台風で雨漏りが発生してしまいました。
当座は洗面器を下に置いてなんとかしのいだのですが、屋根の現状が心配になってきました。築30年の一戸建てで、そろそろ痛みが出てくる時期かもしれません。今後が心配です。できることなら屋根工事に踏み切ってしまおうかと家族の者とも話しています。
こうした場合はどういった業者と話をしたらいいのでしょうか?工務店でしょうか?

answer

屋根の事なら屋根修理専門業者にご相談ください。

年月の経過とともに屋根が傷んでくるというのは、自然な現象です。屋根も人工物である以上、風雨による劣化は避けられません。定期的な屋根のリフォームは必須と言えるでしょう。
屋根のリフォームには重に以下の4種類があります。
まず「葺き替え」です。これは、既存の屋根を取り外し、新しい屋根材を用いて葺き直します。内部に大きなダメージがある場合にはこの工法がおすすめです。撤去費と設営費がかかり、工期も長くなってしまいますが、確実な屋根構築と長い目で見た耐久性を考えると、この工法がベストと言えます。
続きまして「重ね葺き」です。屋根内部の損傷が少なく屋根自体の劣化が目立つ際に検討する工法です。この方法ですと既存の屋根材の上に新たな屋根材を施工するので、撤去に関する費用と工期を削減できます。近年の屋根材は軽量のものが多く、重ねて葺いても家屋の構築材にダメージを与えるほどではありません。逆に重ねることで断熱性と防音性が上がり、家が長持ちします。
他に屋根の「塗装」があります。これは既存の屋根材の塗装のハゲなどを修復し塗り直すものです。
最後が「葺き直し」。屋根材の位置のズレ等を修復します。後者2つに関しては、施工後の品質が安定しないため、緊急時以外は採用されないのが一般的です。
お近くの屋根修理専門業者をお探しになり、現状の相談と取りうる手段についてアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

PageTop

無料屋根診断
屋根修理プロ

Copyright(C) 屋根修理プロ All Right Reserved.