瓦屋根の修理を行うタイミング|東京・神奈川・横浜の屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

FAQ

瓦屋根の修理を行うタイミングは?

私の実家は横浜にありますが、多くの人が想像するのとは違って、海からは離れた結構な山奥に建っています。
築何十年も経っているような旧家で、地元以外の友達を家に連れてきたことも何度かありますが、毎回期待外れな顔をされてしまいます。
きちんと横浜といっても海も離れているし、家の周りには緑が多くて、繁華街に出るのも車を使って数十分はかかると伝えた上で案内するのですが、どうも横浜へ対するイメージが良過ぎるみたいで、最初のうちは私も何か悪いことをしたという嫌な気持ちになっていましたが、その後は逆に驚く顔を見るのが楽しくなりました。
最近しばらく実家には帰っていなかったのですが、久しぶりに先日長い休みが取れたので主人と子供と一緒に実家に泊まりに行くと、日曜大工に凝っている主人に父が家の瓦屋根のことについて質問していて、それはどのタイミングで屋根の修理や葺き替えをすればいいか?ということでした。
さすがに主人も瓦屋根に関する知識はなかったようで、後で調べて連絡するということになったのですが、瓦屋根の耐久性や修理をするべきタイミングについて教えてください。
私たちも数年前に家を建てて、その時に施工業者から屋根のメンテナンスは10年から15年に一度行ってくださいと言われたのですが、やはり瓦屋根もそのくらいのタイミングで何かかしらのメンテナンスが必要なのでしょうか?

answer

一度プロに状態を確認してもらいましょう

瓦屋根はトタン屋根などに比べてとても耐久性に優れた素材となっていて、適切にメンテナンスをしていれば、50年程度は持つと言われています。
屋根の修理が必要な状態は、瓦が破損したり、ズレが起きたり、歪みが出たりした場合で、これらは経年劣化でもそれぞれの症状が出るケースもありますが、台風や地震などの自然災害でも起こりえます。
屋根の無料診断を行っている業者もありますので、まずは一度プロに状況を確認してもらいましょう。

PageTop

無料屋根診断