屋根だけを軽くした場合の耐震補強効果|東京・神奈川・横浜の屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

FAQ

古い家の屋根だけを軽くしても耐震補強になりませんか?

横浜の自宅は築30年ほどになる戸建てです。日本瓦の屋根ですが、かなり古びてきた感は否めません。そんな我が家を見てか、先日屋根の専門業者の営業の方がチャイムを鳴らし、飛び込み営業に来られました。瓦屋根は重いため、地震の影響で建物が倒壊しやすい、建物そのものへの比重も高いので住宅が傷みやすいと話されていました。確かに、家の周辺のお宅でうちのような瓦屋根の所はほとんどありません。営業マンは、今即決してもらえると屋根の修理工事費が半額になりますと口調が変わりました。なんだか怖くて、「主人と話さないと私一人では何も決められません」とその場を収め、名刺だけもらって帰ってもらいました。話していることは納得しましたが、今すぐに工事の決断を求められても困ります。このような営業はよくあるのでしょうか?そもそもうちのように建物が古い家が屋根だけを軽くして耐震補強になるのでしょうか?

answer

屋根を軽くするだけで揺れを抑えたり、建物の崩れを防ぐことが出来ます

地震対策や耐震対策において屋根材はとても重要なポイントになります。地震の際、建物の重心が高いところが大きく揺れるため、重い屋根ですと揺れが大きくなり、壁や基礎にに負担がかかり、ひび割れてしまうケースがよくあります。建物が古くても屋根を軽くするだけで揺れを抑えたり、建物の崩れを防ぐことができるため、十分耐震補強になります。
瓦屋根からガルバリウム鋼板に変えた場合はおよそ8分の1くらいの重量になるため、建物への負担は歴然です。この認識・知識は屋根専門業者であれば当然と言えますが、屋根の点検もせずに修理工事を進める飛び込み業者は信用できません。
横浜を対応エリアとしている屋根修理・屋根リフォームの専門業者はまず、無料屋根診断を行い、お住いの屋根の状態を調べてから問題点があればその適切な対応について提案をされます。屋根リフォーム工事の保証は10年と工事後も安心のフォロー付きです。
ご心配がありましたら無料の屋根診断を依頼され、プロの判断を仰がれてはいかがでしょうか。

PageTop

無料屋根診断