屋根修理の後に行う散水試験|東京・神奈川・横浜の屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

FAQ

横浜で屋根修理の後に行う散水試験とはなんですか?

横浜にある私の自宅の屋根に問題があって、雨が降ったときに雨漏りしてしまうため、今度屋根修理の工事を依頼したいと思っています。
そこで、色々と調べてみると、工事のあとに散水試験というものを実施するらしいのですが、これは一体何のために行われるものなのかよくわかっていないため、教えてもらいたいです。

answer

散水試験によって雨漏りしないか確認することができます

屋根修理の工事で行われる散水試験がどういうものなのか気になるという人がいるかもしれません。
私たちは屋根修理の工事にたくさん取り組んできた業者であり、これまでにたくさんの実績があるのが特徴です。
先日も屋根に関する相談をいただいて、そちらの人は雨が降ったときに雨漏りすることに悩まされていて、屋根をチェックして欲しいとのことでした。
そこで、私たちのスタッフをすぐに現地に派遣してチェックしてみたところ、屋根材が劣化していることがわかったため、屋根の葺き替えをしたほうがいいと提案しました。
最終的には新しい屋根材に取り替えることになって、工事を終えたあとには、雨漏りしないのか確認するために散水試験をしっかりと実施しました。
散水試験では雨漏りしないのか確かめるだけではなく、施工に不備がないのかチェックするという意味合いもあり、この試験をすることによって、しっかりと屋根が施工されたことを確認できて、そのことを依頼者に報告したところ、とても感謝されました。
このように散水試験というのは、工事の結果について確認してもらうために必要なものであり、どんな業者でも行っていることです。
散水試験とは別にきちんと施工が行われたのか検査が行われることもあり、業者は工事に不備がないのか細心の注意を払いながらチェックしていくため、安心して業者に工事を頼めるのです。
散水試験などは施工費のなかに含まれていることが多く、別途費用が請求されるようなことは基本的にないため安心しましょう。

PageTop

無料屋根診断