瓦屋根の修理、瓦の交換|東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉エリアの屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

FAQ

瓦屋根の修理、瓦の交換を考えています

横浜で、築30年の家に住んでいます。
30年間、一度も屋根の修理や瓦の交換をしたことがなく、先日孫がドローンで屋根を撮影したら、瓦がところどころひび割れていることを確認しました。
知り合いに話したところ、「屋根も定期的にメンテナンスした方がよい」ということだったので、一度屋根の修理屋さんに確認してもらいました。
瓦そのものは割れているものは交換する必要はあるそうですが、割れていないものは漆喰を塗りなおすだけでもいいと言われました。
しかし、30年間、手入れを全くしていないということで、スレートも交換した方がよいのでは?と言われています。
修理や交換の費用と、長い目で見た時の費用、どちらの方がお得でしょうか?
ちなみに住まいは横浜です。

answer

瓦の種類にもよります

瓦にも、実はピンからキリまであります。
一般住宅で最も状態が良いものでいうと、「いぶし瓦」というものがあります。
この瓦は、一般的に50年以上持つと言われているので、瓦を下ろして葺き替えでも大丈夫です。
ただ、今回のケースだと、何枚かひび割れているということなので、色瓦もしくは粘土瓦を使用していると思います。
これらの瓦の寿命は、平均30年と言われているので、築年数からするとこの瓦かな?と思います。
今回のケースですと、築年数も考えて、スレートも修理、または交換した方が良いでしょうね。
あくまで一般的な例ですが、スレートも20年くらいで汚れたりコケが生えてしまい「スモリ」が発生します。
スモリが発生すると、スレートが腐って、そこから雨漏りの原因となったりします。
なので、築年数も考えると、全体的に修理をする方向で考えた方が、長い目で見ればお得だと思います。
ちなみに瓦ですが、神社仏閣に使われている「燻し瓦」は、50年以上持ちますし、本葺き屋根は100年以上持ちますが、一般のお宅では必要ないでしょうね。

PageTop

無料屋根診断