瓦屋根を新しくする工事でおススメの方法|東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉エリアの屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

FAQ

瓦屋根を新しくする工事でおススメの方法があれば教えて下さい

横浜市内にある実家は昔ながらの瓦屋根です。瓦屋根は存在感があるしカッコいいと思っていましたが、台風の度に瓦が飛んでしまい、その度に父や兄が屋根に上り修理してきました。一度、隣のお宅の庭まで瓦が飛んでご迷惑をかけたこともあります。聞くところによると瓦屋根は重いため地震にも弱いそうです。家が古いこともあって雨漏りすることもあり、素人修理にも限界があるのではないかと感じています。瓦屋根を新しくする場合、どんな方法があるでしょうか?どのくらいの期間がかかるでしょうか?台風の時期が来る前に屋根修理を行うのがいいのではないかと家族で話していますので情報を頂けると嬉しいです。

answer

屋根葺き替え工事がよいでしょう

日本の一般家屋に使用されている屋根材の中で瓦屋根の割合は多くを占めています。瓦屋根は耐久性がある反面重量が重く、建物にかかる負担が大きくなります。そのため、耐震に弱い屋根材とされています。そのことからストレート屋根や高機能のガルバリウム鋼板屋根などの軽い屋根材に取り換えるご家庭が増えています。
ガルバリウム鋼板とは耐食性、耐熱性、加工性に優れたアルミニウムや亜鉛の合金メッキ鋼板で高耐久性、超軽量、断熱、防音、防水性が抜群のハイスペックな屋根材です。「メンテナンス不用」と言われ耐用年数は約30年とされており、世界中で使用されています。瓦屋根を撤去し新しい屋根材に「葺き替える」工事方法のことを「屋根の葺き替え」と呼び、古い瓦屋根を撤去することで屋根下地や野地板もメンテナンスすることが出来ます。葺き替え工事の中で使用される屋根材で需要が高いものが、ご紹介したガルバリウム鋼板屋根です。
葺き替え工事にかかる日数は建物や現場環境の差により異なりますが、一般的な戸建て住宅では1週間程度が目安とされています。屋根修理業者に屋根診断を依頼されてはいかがでしょうか?

PageTop

無料屋根診断