強風による被害で火災保険がおりない理由|東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉エリアの屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

FAQ

強風による被害で屋根修理が必要なのに火災保険がおりない理由は何ですか?

台風やゲリラ豪雨などが多く、通り過ぎた後に何かしら被害を受けていると横浜の実家の母が嘆いていました。そのため、台風が近づいていると分かると対策を取るようになり、植木や自転車などを避難させるようにして工夫しているそうです。そんな中、実家の隣の家が先日、屋根修理業者に点検してもらった際、偶然見つけられたのか、我が家の屋根の一部の屋根材がずれていて破損していると指摘があったそうです。お隣の家は雨漏りの修理のために業者を呼んだそうですが、まさか我が家の屋根が損傷しているなど思ってもみなかったのでびっくりしました。保険会社に連絡したそうですが、災害による被害と判断するためにはいつ被害に遭ったのか、詳しい日時などが証明できなければ火災保険の対象になるか分からないと言われたそうです。これだけ台風や大雨、強風が多く、そのことがもたらしたに違いないのに火災保険がおりないなら加入している意味がないと思いました。保険が適用されない場合の理由は何でしょうか?

answer

不正申請を避けるために慎重な判断を行うからでしょう

自然災害によって起きた被害を保険金で補償するかどうか決めるのは保険会社ではなく第三者機関の鑑定会社が調査を行います。対象となる損傷が災害によるものか、元々の劣化など他の原因で起こったものかを判断し、算出した被災額などが記載された報告書を保険会社に提出。それを基に各保険の補償内容と照合し保険金が支払われる流れです。被害が出た時にすぐに保険会社に連絡することが保険を受給しやすくする一つのポイントであり、日数が経つほど災害による被害であるという判断が難しくなります。
火災保険の申請の際には加入している保険の特徴や補償内容を正確に把握し、修繕箇所を正確に伝えることが重要です。保険の申請を熟知した火災保険のスペシャリストがいる屋根修理専門業者へ相談することで保険申請のアドバイスを受けることができ、お客様に代わり申請手続きをしてもらうことも可能です。
気象データーを元にした被災時期の特定を行い、精度の高い書類作成し、確実に保険を受給できる申請が期待できます。ご相談は無料ですのでされてみてはいかがでしょうか。

PageTop

無料屋根診断