屋根修理の相見積もりはするべきか|東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉エリアの屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

FAQ

屋根修理をする時は相見積もりをするべきでしょうか?

先日、屋根修理業者が飛び込みで訪問してきました。
「拝見する限り、築10年以上経っているようですが、10年以上経ったら経年劣化もあるので、一度屋根の修理が必要かどうか、確認だけさせてもらって良いでしょうか?」
とのことだったので、了承して屋根の撮影をしてもらいました。
実際に、いくつか傷んでいる箇所があり、今なら早期なので、割と安価で修理できる、と言われました。
父はそのまま修理を申し込もうとしていましたが、私は怪しいと思ったので、一度検討しますと言って帰ってもらいました。
もちろん、修理は必要なのでしょうが、金額が安いという割には意外と高かったので、他と相見積もりを取りたいと思っているのですが、屋根修理の相場って、大体いくらくらいでしょうか?
ちなみに私は横浜住まいです。

answer

飛び込み営業がセールスをしている会社は比較的高額な印象です

屋根の具合を見ていないので一概に相場はいくらかはお答えできません。
一般的なお話をすると、基本的に飛び込みで営業する会社は、比較的高額になりやすい印象があります。
というのも、そこに人件費をかけてしまっているので、その分お客さんが負担する必要があるということです。
そのため、どうしてもお客さんは高くなってしまうわけです。
現在は、相見積もりをしてくれるポータルサイトなども存在するので、そういったものを利用すると良いでしょう。
セールスマンの経歴はわかりませんが、屋根修理に関しては、やっぱり職人が目で見て経験を積んで判断します。
単純な屋根の傷み具合だけで見積もりは出せません。
屋根裏なども含めて、トータルで判断する必要があるわけです。
そういう観点から見ると、飛び込みできたセールスマンに見てもらって判断するより、こちらから問い合わせて職人に来てもらって、見積もりを算出してもらう方が、より精度は高いはずです。

PageTop

無料屋根診断