東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉エリアの屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話
屋根修理
おかげさまで、お客様に選ばれ続けて「施工実績2500件」突破!
無料屋根診断
新着情報

2019.06.24

新しいイメージの既存住宅

「新しいイメージの既存住宅」の情報提供制度。通称案は「安心R住宅」に

既存住宅の流通促進化に向けて、一定の要件(品質)を満たす優良な既存住宅を提供する事業者団体を、国が審査・登録する形でお墨付きを与え、その優良な住宅については統一的な商標・名称を付与する事ができるようになります。
本案ではこの住宅を「安心R住宅」という通称にする案が公表されています。

既存住宅に対する「不安」「汚い」「わからない」といったイメージを払拭し、
「住みたい」「買いたい」と思わせる本ブランドの要件は下記3点が示されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) 「不安」の払拭
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「耐震性」については新耐震基準に適合していること
(これは昭和56年6月1日以降着工のもの、それ以前の物件であれば不動産広告を出した時点で耐震改修等で耐震性が確保されていことが要件)
■建物状況検査(インスペクション)が実施・開示され、構造上の不具合及び雨漏りが認められないこと(これも広告開示時点で補修が完了していること)
■購入者の求めに応じて既存住宅売買瑕疵保険が付保できる状態にあること

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2) 「汚い」イメージの払拭
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■汚い・汚くないという定義を一律に国が決めるのは難しいため、供給する事業者団体ごとに基準を策定し、その基準に適合していること
■水廻り・内装・外装の現況がわかる画像等を開示すること

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3) 「わからない」イメージの払拭
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
上記(1)・(2)に関する情報開示は必須とすることに加え、新築時の情報や維持管理の履歴、保証・保険、省エネに関する情報等については可能な限り収集し、有・無・不明の開示を必須とする

この制度は今月中には制度案が確定され、パブリックコメントを経て、4月以降に制度が確定、今夏には告示化されスタートする予定です。ラベリングされる既存住宅の新ブランド化制度であり、既存住宅売買時の検査・
改修の一つの方向性を示すものですので、不動産事業者の方はもちろん、リフォーム事業者の方も本制度の施行には要注目です。

木耐協情報通信 vol.381(2017年3月7日)から抜粋


  • 全て表示
新型コロナウイルス感染症に対する取り組みについて


昨年4月7日、コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令され、国民の(企業)一人一人の自発的な行動に未来は託されました。
…続きを読む 屋根修理は今後さらに大型台風や災害の影響を受ける中でも必要産業だと認識しており、お客様による営業の継続希望が多数有るために、そういった多くのお客様のご要望にお答えするため営業継続を決断致しました。この重大局面を乗り切りる事や地球温暖化による迫り来る大型台風の対策、修繕もウイルスの攻撃と同等だと考えております。
感染拡大を抑えながら正しい知識により安全かつ安心してお客様の大切なお住まいを守る事が我々の責務だと自負しております。今後の規制の方針等は専門家の皆様に託しますが、私達は一棟でも多くの屋根を修理したく考えます。スタッフが間違えた認識によった判断で、工事によるウイルス拡散をしないように、封じ込めながら修繕に努めてまいりたいと思います。それは日々の正確な情報収集、コンプライアンスの向上だと思っております。
弊社では、すべてのお客様に安心してサービスをご利用いただけるよう、下記に示したような様々な方策を立て、状況に応じた措置を実施しております。

@現場調査では、ドローンを使用するなどして極力建物に触れないように配慮し、お客様との対面も可能な限り控え、「診断報告書」「御見積書」等の必要書類は、メールや郵送にて対応させて頂いております。
A弊社スタッフは、電車やバス等の公共機関の使用を避け、車での移動に徹底しています。
Bうがい手洗いの徹底、マスクの着用はもちろん、社内では「次亜塩素酸 空間除菌脱臭機」を用いて、ウイルス除去に努めています。


今後も新型コロナウイルス感染流行の早期終息を願いつつ、起こりうる最悪の状況を考慮しなから、万全の対策を講じて参ります。

詳しく見る

オンライン相談

弊社では、人との接触に不安を抱える多くのお客様に安心して各種業務をご依頼いただけるよう、「事前オンライン相談」サービスを開始しました。また、打ち合わせから工事完了まで、非対面・非接触で対応が可能です。

当社は即日対応可能です!!

当社は、屋根の修理やガルバリウム鋼板を使った屋根の葺き替え工事を、東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉を中心に行っている専門業者です。
他の見積りサイトとは違い、自社施工の元請け屋根専門業者です。そのため、お客様からの見積り依頼をお待たせする事はありません。お急ぎの場合は、即日対応も可能です。品質とコストパフォーマンスを兼ね揃えた「屋根修理プロ」をご検討ください。
2019年9月7日にBS12のドランクドラゴンのバカ売れ研究所で当社提供のジンカリウム鋼板の屋根材と、初期費用0円で設置できる太陽光パネル「ソーラーエネカリ」が番組で紹介されました。

初期費用0円の太陽光発電

ソーラーエネカリは初期費用0円で太陽光発電システムが設置でき、さらに光熱費も抑えることができる新しいエネルギー利用システムです。

メディア情報

「屋根修理プロ」はテレビを始め新聞・雑誌など各種マスコミに取材を受けています。おかげ様でお客様に「テレビで見ました!」とよく言われます。

納得の3つの安心!

他社と比べてみてください!!

  • 品質

    屋根工事の専門知識を持つ経験豊富なスタッフが、お客様に最適な屋根材をご提案します。
  • 価格

    屋根材の直接仕入れと自社施工で中間マージンが無いので、最安値でお見積りできます。
  • 保証

    屋根材メーカーの最高30年保証と、弊社の屋根リフォーム工事10年保証がついています。

火災保険で修理できるんです!

屋根修理は、火災保険で実質0円になる可能性があります。
火災保険とセットになっている風災補償は、風によって建物が被害にあった場合に適用されるもので、台風・突風などの強い風が原因だった場合に適用されます。
屋根修理を火災保険金でまかなうことが可能ですので、東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉のお客様は、是非お問い合せください。

※お客様が希望される工事により申請内容が異なりますので、申請前に工事費が0円になるお約束は致しかねます。
※また、建物の築年数によって劣化の度合いは異なります。台風等の災害の被害状況も各建物によって異なる為、必ず0円で工事ができることをお約束するサービスではございません。

耐震実験をしてみました!

屋根修理プロは、屋根に関する専門家です。屋根のメンテナンス方法やリフォーム方法、雨漏りの修理などについてご相談を承っています。
地震や台風などの自然災害で破損した屋根は、火災保険の申請すればゼロ円で工事ができる場合があります。東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉エリアには、随時ご訪問していますので一度ご相談いただければ専門家がお応えいたします。

屋根リフォームのご提案



当社が自信を持ってお薦めする「ガルバリウム鋼板」は、耐久性、耐熱性、防錆性、防音性を誇りながらも、美観を損ねることがないという優れた屋根材です。高い技術力と知識を持つ職人が、お客様のお悩みを解決のお手伝いをさせていただきます。
  • マンション・アパート
  • 外壁塗装をお考えの方
  • 倉庫・工場の屋根リフォーム

  • マンション・アパート
  • 外壁塗装をお考えの方
  • 倉庫・工場の屋根リフォーム
当社の屋根リフォームは、経験豊富な職人が、マンション・アパート・一戸建て・倉庫・工場など、それぞれの建物にもっとも適した屋根工事をご提案させて頂いています。
特に東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉は、都市機能が集中していますので大型施設が多いエリアでもあります。
法人様向けの屋根工事も承っていますので、お見積りは無料です。

屋根無料点検キャンペーン実施中!!

屋根修理プロでは、屋根無料点検キャンペーンを行っています。お見積り依頼で「クオカード」をプレゼントさせて頂きます。しつこい営業はありませんので、お気軽にお問合せください。
東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉エリアの方は、無料で屋根診断を行っていますので、雨漏りが発生してから慌てない様に、早めの屋根点検をお勧めします。

ガルバリウム鋼板の屋根

屋根修理プロがお勧めしている「ガルバリウム鋼板」は、世界70カ国以上で幅広く採用されています。耐震性が高いため地震や風水害に強い屋根材です。

D'S ROOFERS 倶楽部 2018 フォトコンテスト

  • テラコッタ
  • テラコッタ
  • テラコッタ
  • エバーグリーン
  • エバーグリーン
  • エバーグリーン
画像 「ガルバリウム鋼板」は、1972年にアメリカで誕生した、非常に優れたパフォーマンスを発揮する屋根材です。

ガルバリウム鋼板が選ばれる理由拡大表示(別ウィンドウで開きます)

  • オニキス
  • オニキス
  • オニキス
  • カフェ
  • カフェ
  • カフェ
ガルバリウム鋼板は、鋼板をアルミニウムと亜鉛合金めっきで保護しているため、高い耐久性、耐熱性、防水性があります。日常的に風雨に吹かれダメージを受け続ける屋根において、耐久性は絶対に必要となりますが、その点でガルバリウム鋼板は、防熱性、軽量性も抜群であり、屋根材に最も適しています。

無料屋根診断をご利用ください。

屋根やサイディングの継ぎ目など、さまざまな箇所の劣化により雨漏りは引き起こされます。酷い場合は、下地までダメになってしまっていることもあります。理想は点検・メンテナンスをまめにする事です。是非、無料屋根診断をご利用ください。
  • 金属系屋根材
  • スレート系屋根材
  • 瓦系屋根材
当社では、無料屋根診断を行ってから、お客様の建物の屋根の状態を実際に確認して、最適な方法をご提案致しますので、ぜひ一度お問い合わせください。

屋根工事の種類

屋根工事実績

屋根修理に関するFAQ

質問

瓦の屋根修理はどんな業者へ頼めばよいですか?

先日の台風の影響で、自宅の瓦が何枚も飛んでしまい、遠目から見ても瓦がずれているのです。…続きを読む我が家は昔ながらの重い瓦屋根です。台風が去った翌日、庭に出ると割れた瓦があり、屋根の一角の瓦がなくなっていました。ご近所でも同様の被害があり、お隣の家の息子さんがご自宅の屋根に上がって屋根のチェックをされました。その時に我が家の屋根を見ると、飛んで瓦がない部分は下の木が見えてしまっていること、瓦がずれていることなど教えてくれました。このような状態でまた台風や強風が来たらどうしようと思うと怖いです。こういった瓦屋根修理についてどちらへ相談すればよいでしょうか?教えてください。
展開
回答

屋根修理専門業者へ相談されるとよいでしょう!

屋根瓦は風格があり、家の存在感を高めてくれるとても良いものです。重厚さが特徴なのですが、実際の重量もかなりあります。屋根面積が広い住宅の場合はその分、瓦の重量もあることになります。瓦は1枚1枚が針金で固定されており、地震や台風の影響でそれにずれが生じることがあります。強風により瓦が飛んでしまい、下地板がむき出しになっている個所があるとのことですが、被害が広がる前に屋根修理の専門業者へ連絡しましょう。傷みがひどくなると雨漏りを生じさせる場合があります。更には、瓦がずれていて不安定な状態ですから、さらに瓦が落ちることもあり得ます。怪我や事故に繋がり危険ですので早急に対処することをおススメします。
建物は高い場所の重量が軽いほど揺れにくくなります。瓦を軽量の材料に変えることで地震の影響を受けにくくする事が可能なため、軽量な瓦が主流となってきています。重い瓦によるリスクを避けたいという場合はこれを機に軽い瓦に葺き替えるのも一つの提案です。まずは専門業者に屋根の現状を確認してもらい、どのような状況か説明を受けましょう。その上でどのような修理方法があるか、屋根材、予算、工期などを含めて検討してください。依頼者様のご希望を合わせながら、ベストな方法を提案してくれるでしょう。
よい修理業者は屋根工事完了後に保証期間やアフターサービスとして無料点検を設けています。工事完了後も何かあれば相談できるところがあるのは心強いです。
台風や地震の多い日本ですからもしもの時に備え対策しておくと安心です。
質問

雨の時、部屋の一部に雨漏りが起こるのですが、部分修理は可能ですか?

先日の大雨の時に、実家の奥の部屋の角のところから雨が漏れていることに気づきました。…続きを読むあまり使わない部屋だったので、よく注意していませんでしたが、時々、床が濡れていることがあったのだそうです。大雨の日、雨漏りしている所にバケツを置いて対処しましたが、雨は2日続き、ようやく収まってから父が屋根に上がってみると、瓦の下の木がボロボロになっていたそうです。実家は築20年ほどの戸建てなのですが、日曜大工が得意な父が自分であちこち修理しながら維持してきました。ただ、最近腰が悪くなったのと、屋根の上の作業で危険性もあるため、家族としては専門の業者さんに屋根修理をお任せしたいです。
雨漏りしている一部だけの修理は可能ですか?また、他の部分も問題がないか点検もお願いしたいですが費用はどのくらいかかりますか?
展開
回答

傷みの状態に応じてベストな修理方法をご提案します。

住宅は新築して10年も経過するとあちこちに傷みが出始め修理が必要になってきます。雨風に晒され続ける屋根は建物の中でも特に劣化が激しい箇所です。腐朽が進行するとトタンの錆や瓦の割れなどが起こり、雨漏りや他の問題につながっていきます。傷みの状態によっては屋根工事だけでなく、土木工事や塗装工事など他の種類の工事が絡むことがあります。
すでに雨漏りが起こっているのでしたら、速やかに屋根の専門業者へ雨漏り修理の相談をしましょう。日曜大工で修理が可能な場合もありますが、腐朽が進行した箇所の修理や工事は専門の業者に依頼される方が確実です。部分的な修理だけでなく、屋根全体の点検も行ってくれるため、普段知ることのできない屋根の状態を知ることが出来ます。業者によっては屋根診断を無料でしてくれるところもあります。屋根の専門家が調査、必要に応じて散水試験を行い、お住いの屋根の状態について説明を行うそうです。すでに雨漏りが生じている場合は雨漏り修理の応急措置も行ってくれるそうです。
無料で点検してもらえるのですから、是非依頼されるとよいでしょう。今後、別の個所に問題が起こらないようにするために全体の点検を依頼し、劣化が進む前に修理が必要な個所は対処されることが賢明です。修理内容が複雑になると工期も費用もかさみます。
大切なお住いを守るために定期的なメンテナンスを行い、長く安全に暮らせるお宅を維持しましょう。
質問

屋根の葺き替え工事には耐震機能があると聞きましたが本当ですか?

我が家は築20年以上になる戸建てて、日本瓦を使用しています。家を建てた頃は主流でしたが、最近は軽い屋根材が出ていると聞き美観性もいいと聞きます。…続きを読む同じ頃に建てたご近所のお宅が屋根の葺き替え工事を最近され、見違えるほどキレイで何だか近代的な感じにを受けました。聞くところによると、耐震性のある屋根材に変えたそうです。我が家の屋根というと瓦の劣化が見られ、色も薄汚くなってるので、今後のことを考えてもそろそろ屋根葺き替えをしようかと話しています。
うちも丈夫で耐震性のある長持ちするタイプの屋根材が希望ですが、屋根材で耐震機能があるというのは本当でしょうか?
展開
回答

軽量で錆に強いガルバリウム鋼板は耐震性に優れます。

屋根の表面劣化や遮熱断熱を求める屋根にリフォームしたい場合、大きく分けて2つの方法があります。一つは「屋根葺き替え工事」、もう一つは「屋根カバー工法」といわれるものです。
古い屋根材を撤去することにより、屋根下地や野地板もメンテナンスすることが出来ます。瓦を剥ぎ取ってみると下地板や垂木まで腐っていたり、波打ったりしていることもあります。屋根やサイディングの継ぎ目など様々な箇所の劣化により、部分的な破損や傷みが進行していたことが分かり、深刻な問題になる手前だった場合も少なくありません。新築してから10年を経過すると住宅はメンテナンスの必要性が出てきますので、築20年のご自宅であれば十分な調査を専門の業者にしてもらった方がよいでしょう。
屋根葺き替え工事は今ある屋根材を取り除き、新しい屋根材に変えるものです。より軽くて強いため、耐震度を上げる付加価値が見込めます。建築構造の頂点に位置する屋根はその素材の重量によって耐震性が大きく左右されるため、軽量な屋根材は耐力壁や通し柱が軽減でき、設計に自由度が出ます。また、表面の瓦やスレートだけでなく、内側の防水シートなども交換するので全体を刷新出来ます。デメリットとしては、これまで使用していた屋根材を撤去しなくてはいけないため、処分費用がかかること。また、屋根材の撤去の際、どうしても音が大きく騒音となるため、ご近所への配慮も必要です。もし、土葺き屋根の場合は土埃も出ます。
よい業者であれば、ご近所に対する工事や工期などの説明、ご挨拶をきちんとされます。工事後のアフターフォローも充実した専門業者を選ぶとよいでしょう。
質問

屋根の葺き替え工事にあたり、長持ちするおススメの屋根材はありますか?

屋根の一部から雨漏りがあり、調査してもらったところ腐朽の激しい箇所があり、劣化したことから雨漏りが生じていると言われました。…続きを読む新築の戸建てを購入してから13年目なのですが、これまでリフォームをしたことがなく、まだまだ大丈夫と思っていましたのでびっくりしました。業者の方が屋根は住宅の中でも一番劣化が激しい場所なので、定期的な点検、メンテナンスが必要ですよと言われました。
現在、屋根修理業者2社に相見積もりを取っていますが、どちらも屋根を点検された上で説明されることはほとんど同じです。屋根の葺き替え工事に当たり、勧められた屋根材の種類が違うため見積もりが少し違います。1社が勧めて下さったガルバニウ鋼板という屋根材は非の打ちどころのない素材のようですが、これを選んで大丈夫でしょうか?他に、長持ちするオススメの屋根材がもしあれば教えてください。
展開
回答

屋根材にはガルバリウム鋼板がお勧めです。

新しい屋根材の開発が進む中、軽量で高機能、あらゆる自然災害においても耐久性を長く維持出来る屋根材が多数出ています。それぞれの屋根リフォーム会社が推している屋根材は異なりますが、そのクオリティに大きな差はなくなってきています。それほど開発が進み、技術が進化したということです。
その中でガルバリウム鋼板をご紹介しましょう。鋼板をアルミニウムと亜鉛合金メッキで保護しているため、高い耐久性、耐熱性、防水性があります。また、アスベストなどの有害物質を含んでいないため、健康や環境に害を与える心配がないのも魅力の一つです。日常的にダメージを受け続ける屋根において耐久性は絶対条件ですが、ガルバリウム鋼板は防熱性、軽量性も抜群で屋根材に最も適していると言えます。この屋根材が持つ抜群の機能性と美観性から、欧米各国を初め、世界70か国以上で幅広く採用されるほど評価されています。
ガルバリウム鋼板は耐震性に優れた屋根材です。建築構造上、屋根はその素材の重量によって耐震性が大きく左右され、柱や梁の経年劣化にも大きく影響します。ガルバリウム鋼板は瓦の8分の1の軽さで重心が低くなり、建物が安定します。
住宅のメンテナンスにおいて最も頻繁にコストがかかるのが屋根です。屋根リフォーム会社の中にはガルバリウム鋼板による葺き替え工事において、30年保証を付けているところがあります。
メンテナンスの必要なく、30年維持できる自信があってのことですから、長い目で見た時のコストメリットがありますので検討してみるとよいでしょう。
質問

屋根のリフォームを少しでも安くする方法はありますか?

実家は昔から夏は異常に熱く、雨の日は雨の音がうるさく聞こえることもあるほどでしたが、それらが瓦の問題だったのではと今更ながらに思います。…続きを読む雨漏りがひどくなり思い切って両親が屋根のリフォームをしたのですが、実家の屋根の状況から専門業者の人に葺き替え工事を勧められました。全ての瓦を取り除き、劣化がひどかった下地板なども補修して2週間近くかかってリフォームが完了しました。耐久性や断熱性、防音効果もあり、耐震性もあるそうです。ある雨の日に訪ねていくと、これまで慣れていた雨のうるさい音が全くなく、静かなのです。これが本来なのかもしれませんが、子供の時からその音に慣れていた私には別宅のようでした。また、暑さもこれまでとは違うと父が喜んでいます。
私の家も築15年でそろそろメンテナンスが必要なのですが、実家が行った葺き替え工事より安く済む工事はないものでしょうか?
費用が抑えられる方法があるなら検討したいと思います。
展開
回答

屋根カバー工法は葺き替え工事より費用が抑えられます。

屋根のリフォームの方法は2種類あり、ご両親のお宅がされた屋根葺き替え工事と屋根カバー工法というものがあります。
屋根カバー工法は、今の屋根を撤去せず、その上に新しい屋根を載せて二重構造にする仕組みです。二重屋根により耐熱性、遮音性を向上させることが出来ます。また、廃材が出ないため、廃材を処分する費用や撤去費用がかからず工事費用が安価になります。撤去する作業がないため、工期が短くて済むため、お住いのご家族にとってもストレスが減るでしょう。お急ぎの場合にもお勧めです。
一方、デメリットとしては屋根が二重構造となるため屋根の重量が増えること。今お使いの屋根材が瓦であれば工事は出来ません。
状況によっては屋根葺き替え工事の方が良い場合があります。また、屋根が劣化しすぎていると内部の補修が必要となり、屋根カバー工法では施工できない場合があります。これらのことから、専門業者に屋根の状態を調査してもらい、現在の屋根材を把握してから工事方法について相談が必要です。どちらの方法をとっても費用の掛かる工事となりますが、重要なのは適正な手段を選び、長く住まわれる家を守ることだと思います。少しでも費用を抑えるためには自社施工で元請けの屋根専門業者を選ばれることです。中間マージンが入る業者であればその分料金が上がりますので、探される際にはチェックするようにしましょう。
質問

なるべく安くリフォーム出来る屋根材のおススメはありますか?

雨漏りが発生した時に屋根修理の業者に来てもらい、修理してもらいました。…続きを読むそこまでひどい劣化ではなかったので良かったのですが、全体に屋根材が老朽化していて、他にも補修した方がいいこと、屋根のリフォームも検討されてはと提案されました。雨漏りしている段階で屋根部に傷みや老朽化があるのだそうです。今後のことを考えると屋根リフォームした方がいいとは思うのですが予算があまりなく、不安です。
高機能で耐久性がある屋根材は高額のようですが、予算がない人でも選べる屋根材はありますか?
安いだけですぐにダメになるのであれば意味がないので、どのくらいの耐用年数かも含めて教えて下さい。
展開
回答

ストレート瓦は軽量で単価も安く、現在の日本の瓦の主流です。

日本古来からの瓦は耐久性に優れ、外的要因で壊れない限り長持ちし、手入れをしていれば50年〜100年の耐用年数があります。半面、非常に重量があるため、地震や自然災害などの耐震性に弱いことから近年では軽量で耐震性、耐久性の高い屋根材が主流となっています。その中でも「ストレート瓦」は軽量で単価も安く施工もしやすいため、今や日本の瓦の主流となっています。これまでの瓦の半分以下の軽さです。
ストレート瓦の中で人気なのが、風雨や日光にも強い化粧ストレート屋根です。重量が軽いため耐震性に優れ、色や柄も豊富に展開されており、外装にこだわりのある方からも好評です。デメリットは通気性が悪いことで、下地材の腐食や劣化が起こりやすくなる場合があり、定期的な塗り替えが必要なことです。
一方、厚形ストレート屋根はセメントと砂を原料としています。換気性が良く、海岸付近の塩分に強い特徴があります。デメリットとしては補修塗料が定期的に必要となり、塗膜が薄くなると酸性雨に弱いことです。
ストレート瓦は魅力的な特徴、コストメリットがある一方、定期的なメンテナンスが必要なため、ランニングコストを想定しなくてはいけません。7年〜10年に一度は防水塗装が必要でしょう。20年以上が経過すると下地板も傷んでくるため、葺き替え工事が必要となります。外的要因がなければ30年はメンテナンスフリーが保証されているガルバリウム鋼板という屋根材があります。工事時の費用は1.5倍と高くなりますが、長い目で見た時のコストメリットは高くなります。屋根材は豊富にありますので、お住いに最適な屋根材とリフォーム方法を専門業者に相談されて検討しましょう。
質問

屋根のリフォームはどのくらいの期間がかかりますか?

築16年ほどの2階建ての自宅の屋根リフォームを考えています。…続きを読むご近所の方がされた屋根の無料点検に我が家も便乗してお願いした際に、瓦の退色と部分的な破損が見つかり、傷んでいる箇所の写真も見ました。軽度の傷みのようなので、応急処置をして頂いて終わりました。その後、ちゃんとした補修も兼ねて屋根のリフォームをしようかと妻と相談しました。ただ、私も妻も仕事をしており、平日は家にいません。リフォームはどのくらいの期間がかかるものでしょうか?工事は我々が不在でも進めて頂けるのか教えて下さい。
展開
回答

リフォームの方法により異なりますが1週間〜10日くらいと考えましょう。

屋根リフォームには大きく2種類の方法があります。「屋根葺き替え工事」と「屋根カバー工法」という工事です。まず、専門業者が屋根の状態を調査し、屋根の状況を見た上で適したリフォーム方法を提案してくれる、という流れになります。
屋根葺き替え工事は今の屋根材を全て剥ぎ取り、新しい屋根材に変えます。より軽く耐久性を始めとした高機能の屋根材に変えることで耐震性を含めた付加価値があります。古い屋根材を撤去してから屋根下地に傷みがあれば補修し、内側の防水シートなども交換するため全体を一掃できます。葺き替え工事では今の屋根材を撤去しなくてはいけないため、処分費用と作業が嵩み、工期期間は長くなります。
一方、屋根カバー工法は現在の屋根を残しながら、上から下地処理を施し、新しい屋根で覆っていきます。屋根を二重にする方法のため、断熱性や防音性が向上します。屋根材を撤去しないため作業が短縮でき、工期が短く済むため、低コストで行えるメリットがあります。お急ぎの方にもお勧めのリフォーム方法です。しかし、現在の住宅が屋根瓦であれば工事が出来ません。いわゆる二重屋根になりますので屋根の重量が増えてしまうからです。また、屋根の劣化が激しい場合も内部補修が必須になるため、カバー工法が選択できないことがあります。屋根の状態によって適正な方法を選ばなくてはいけないため、専門業者の提案を聞き相談しましょう。
尚、工事は屋外ですので、ご依頼者様が不在であっても工事が可能です。屋根工事は大掛かりな工事ですので、ご近所への挨拶や安全対策など地域の方への迷惑にならないよう配慮してくれる業者であるかも探す時のポイントにしましょう。

対応エリア

東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉エリアに対応!


屋根修理プロは、東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉を中心に関東エリアの皆様の屋根を守っています。記載していない地域の方も、屋根の葺き替えは対応可能です。お気軽にご相談ください。
東京23区 千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区
東京都 八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・国立市・福生市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市・多摩市・稲城市・羽村市・あきる野市・西東京市・西多摩郡瑞穂町・西多摩郡日の出町
横浜市 鶴見区・神奈川区・西区・中区・南区・保土ケ谷区・磯子区・金沢区・港北区・戸塚区・港南区・旭区・緑区・瀬谷区・栄区・泉区・青葉区・都筑区
川崎市 川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区・宮前区・麻生区
相模原市 緑区・中央区・南区
神奈川県 横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・茅ヶ崎市・逗子市・三浦市・厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市・綾瀬市・三浦郡葉山町・高座郡寒川町・中郡大磯町・愛甲郡愛川町・愛甲郡清川村

PageTop

無料屋根診断
屋根修理プロ

Copyright(C) 屋根修理プロ All Right Reserved.