屋根リフォーム|東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉エリアの屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話
イメージ

屋根リフォーム

屋根工事をご依頼いただく理由は…
住まいを長持ちさせたい。外観を美しくしたい。冬寒く、夏暑い環境を改善したい。樋の変形や破損を修理したい。雨漏りを修理したい。屋根材の一部がズレたり割れたりしているので修理したい。など様々です。
当社では、お客様の屋根を拝見させていただいた後、適切な施工方法をご提案しています。しつこい営業は一切していませんのでご安心ください。

屋根リフォームの施工方法

種類 保証

葺き替え

既存の屋根材を撤去して新しい屋根材を施工します。
工事費は撤去費もかかりますが、地震対策には安全で安心してお住みいただけます。
詳しく見る>>
製品:30年保証
施工:最長10年保証
保証内容>>

重ね葺き

既存の屋根材の上に新たな屋根材を重ね葺きします。
工事費は一回の塗装より高くなりますが、その後のメンテナンスは不要のためトータル価格でみると割安になります。
詳しく見る>>
製品:30年保証
施工:最長10年保証
保証内容>>

塗装

既存の屋根材に塗装して、屋根を綺麗にします。
一回の工事費は安いのですが、定期的なメンテナンスが必要です。また、屋根材が痛んだ場合は交換も必要になります。
施工後の保証が難しいため、当社ではお勧めしていません。

葺き直し

瓦屋根など長期間で発生したズレを正しい位置に戻します。
工事費は業者によって異なります。部分的な交換など発生する場合割高になる場合もあります。
施工後の保証が難しいため、当社ではお勧めしていません。

屋根材の選び方

スレート、ガルバリウム鋼板・ジンカリウム鋼板、瓦にトタン。屋根材には実にたくさんの種類があり、どれを選べばいいか迷ってしまう方も多いかと思います。
屋根の選び方にはさまざまな観点がありますが、「耐用年数の長さ」「メンテナンスの手間の少なさ」「コストパフォーマンスの良さ」の3つを考えることが重要です。
屋根材にはそれぞれメリット・デメリットがあるので、各屋根材を比較して選びましょう。
特にコスト面で考えたときに、「長期的に見てかかる費用」が少ない屋根を選ぶことが重要です。
初期費用は安くても、メンテナンスが多くトータルコストが高くなってしまって後悔している…というお客様からご相談を頂くことが多いです。
また住環境により適した屋根材は異なります。
どんな屋根にしたら良いかわからない場合は当社までご相談下さい。屋根工事のプロが、お客様に適した屋根をご提案させて頂きます。
メリット デメリット
ジンカリウム鋼板 基本的にメンテナンス不要。
耐火性・防錆性・断熱性に優れている。
軽量で屋根に負担をかけない。
ガルバリウム鋼板よりも雨音がきにならない。
初期費用が比較高い
ガルバリウム鋼板 基本的にメンテナンス不要。
耐火性・防錆性・断熱性に優れている。
軽量で屋根に負担をかけない。
初期費用が比較高い
雨音が強いと気になる。
耐火性・防錆性・断熱性・保湿性に優れている。
50〜100年程度の耐久性
初期費用が最も高い
重量がある為、頑強な構造躯体が必要
セメント瓦 耐火性・防錆性・断熱性・保湿性に優れている。
15〜20年程度で色褪せ、塗装が必要。
陶器瓦より割れやすい。
陶器瓦よりは軽いが、頑強な構造躯体が必要。
化粧スレート 耐火性・防錆性が高い。
初期費用が安い
10年程度で色褪せ、苔、カビが生じ、塗装が必要。
台風や地震で割れやすい。
雨音が強いと気になる。

PageTop

無料屋根診断
屋根修理プロ

Copyright(C) 屋根修理プロ All Right Reserved.