ニチハ・パミールの屋根|東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉エリアの屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

ニチハ・パミールの屋根について

ご自宅の屋根は大丈夫ですか?
「パミール」の場合は塗装工事ができません。

パミールはノンアスベスト屋根材で、不具合報告が相次いでいる屋根材です。パミールの主な不具合は「層間ハクリ」と「釘の腐食」です。
最近「うちの屋根材はパミールなんです…。どうしたらよいでしょうか」というご相談が増えてきました。
また、パミールとは知らずに間違った工事を行ってしまう業者も少なくありません。その場合はさらに深刻な状況や、工事料金がムダになってしまう事もあります。
パミールの不具合により雨漏りが発生した、パミールの屋根に塗装をしてしまった等、お困りの方が多いので、どのように対処したらよいのかご案内させて頂きます。

ニチハ・パミールの屋根材とは?

パミール

パミールは愛知県名古屋に本社を置く住宅建材の大手メーカー「ニチハ株式会社」が1996年から2008年にかけて販売されていた、今は製造中止になっている屋根材です。
当時は屋根材を含む住宅へのアスベスト(石綿)の使用が禁止された時期で、パミールもノンアスベスト切り替え直後の製品の中のひとつです。
アスベストは粘着性に優れていることから住宅建材への強度アップのために多用されていたのですが、人体へ与える健康被害が社会問題にまで発展し、使用が禁止になりました。
そのため、住宅建材メーカー各社がノンアスベスト(無石綿)の屋根材を開発・販売し、ニチハもノンアスベストスレート屋根材のパミールの販売をスタートしました。
それから数年が経った後に、ノンアスベスト製品にひび割れや剥がれなどの不具合が多数報告されるようになりました。同時期に販売された他のノンアスベスト製品でも多くの不具合被害の報告はあったのですが、その中でも最も被害が顕著だったのがパミールでした。

パミールの屋根の特徴と主な不具合

特徴1

層状剥離=ミルフィーユ状の剥離

お菓子のミルフィーユは生地が何層にも重なり合ってつくられていますが、層状剥離とはまさに重なり合った層がパリパリと剥がれていくような症状を指します。
施工後8〜10年程度でパミールに最も多くみられる特徴的な症状です。

特徴2

屋根の先端部の劣化

層状剥離を起こす少し前に起きる症状で、屋根の先端部が白っぽく染みのように見えてきます。
屋根の素材が劣化し始めてきていることを表していて、層状剥離の一歩手前の状態です。日当たりが悪い場所や築10年未満に見られることが多く、あと何年か経てば剥離が起きます。

特徴3

釘の腐食

屋根を止める釘の頭の腐食は、パミールの特徴的な不具合です。
その原因は販売時に配布されたパミールの専用釘の中に、メッキ処理がきちんとなされていなかったものが混ざっていたからです。腐食や錆も発生しやすく、そのため屋根材のズレだけではなく落下の恐れもあります。
屋根の落下は近隣住宅などを対象とした物損事故以外にも人身事故を起こす可能性もあり、パミールの最大の問題点です。

パミールの屋根でやってはいけないこと

太陽光パネルの設置

太陽光パネルの設置

パミールの屋根に太陽光パネルを設置してはいけません。施工後10年未満に劣化が起こるノンアスベスト屋根に、太陽光発電システムを装備することは危険行為そのもので、大事故へ発展する可能性も高めてしまいます。しかし屋根業者の多くが、ノンアスベスト製品が抱える問題をきちんと認識していないことから、パミールに太陽光パネルを設置している方も少なくありません。
問題点を把握した後に後悔して、対処の仕方に頭を悩ませている方もたくさんおられます。屋根点検を実施する際には、パミールを含む屋根材への正しい知識をもっている業者を選択することをおすすめします。
塗装(高圧洗浄)

塗装(高圧洗浄)

パミールの屋根には塗装をしてはいけません。たとえ塗装をしても屋根本体が剥離を起こし、塗装が意味のないことになってしまうからです。
一例として、数年前にあるお客様より屋根点検のご依頼をいただきました。依頼理由は屋根が剥がれてきているということでした。確認をするとその屋根はパミールでした。
塗装をしてそれほど時間は経っていないということで、塗装はきちんと乗っていて塗装自体には問題はありませんでした。結局屋根の葺き替え工事で対応するしかなく、塗装にかけた費用は完全に無駄になってしまいました。

適切なメンテナンスはカバー工法か葺き替え

パミールのメンテナンス方法として適切なのは「カバー工法」「葺き替え」のいずれかです。
どちらを選択すべきかを案内させていただきます。

カバー工法

カバー工法
カバー工法は重ね葺きとも呼ばれ、その字の通りに既存の屋根を撤去せずに、その上に新しい屋根材を被せる工法です。
パミールは軽量スレート屋根であることから、カバー工法には適しています。ただし劣化の状態が著しく悪くなく、雨漏りや下地の痛みがない場合に限り施工が可能です。
カバー工法のメリットとしては、二重屋根となるため断熱性に優れている点と、工事費用が安く済むことです。
屋根材によっても異なりますが、耐久性に関しては一般的には20〜40年程度です。
詳細情報

葺き替え

葺き替え
屋根の葺き替えとは、古い屋根材を完全に撤去して新しい屋根材に交換する工事方法です。
パミールの屋根が剥離していてすでにそこから雨水が侵入して雨漏りを起こしている、下地材も湿気を帯びていて傷んでしまっているようなときには葺き替え工事が必要となります。
葺き替えの場合は、屋根の下地材まで補修・交換することとなります。
葺き替え工事のメリットは、新しく葺き替えをする屋根材にもよりますが、屋根の軽量化を図れて耐震性を高められることです。
詳細情報

パミールの最適な点検方法は?

パミールの屋根を点検するには特に注意が必要であることから、業者選びを慎重に行わなければいけません。
なによりもパミール屋根について詳細な知識をもっていなければ話しになりませんので、屋根材に詳しい業者を選ぶ事が大切です。また、後悔しないためにも事前に調査方法を確認しましょう。
当社ではドローンを使用して高所カメラでより詳しい調査・点検が可能です。また、サーモグラフィで雨漏り箇所を特定することも可能です。
パミールの屋根でお困りの方はもちろん、他の屋根材の事や屋根の事でどうしたら良いかわからない場合は、お気軽にご相談ください。

パミールの最適な点検方法

PageTop

無料屋根診断
屋根修理プロ

Copyright(C) 屋根修理プロ All Right Reserved.