屋根リフォーム|横浜・神奈川・東京の屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話
イメージ

屋根リフォーム

屋根工事をご依頼いただく理由は…
住まいを長持ちさせたい。外観を美しくしたい。冬寒く、夏暑い環境を改善したい。樋の変形や破損を修理したい。雨漏りを修理したい。屋根材の一部がズレたり割れたりしているので修理したい。など様々です。
当社では、お客様の屋根を拝見させていただいた後、適切な施工方法をご提案しています。しつこい営業は一切していませんのでご安心ください。

屋根リフォームの施工方法

種類 保証

葺き替え

既存の屋根材を撤去して新しい屋根材を施工します。
工事費は撤去費もかかりますが、地震対策には安全で安心してお住みいただけます。
当社では、基材30年・美観10年保証をおつけしています。

重ね葺き

既存の屋根材の上に新たな屋根材を重ね葺きします。
工事費は一回の塗装より高くなりますが、その後のメンテナンスは不要のためトータル価格でみると割安になります。
当社では、基材30年・美観10年保証をおつけしています。

塗装

既存の屋根材に塗装して、屋根を綺麗にします。
一回の工事費は安いのですが、定期的なメンテナンスが必要です。また、屋根材が痛んだ場合は交換も必要になります。
施工後の保証が難しいため、当社ではお勧めしていません。

葺き直し

瓦屋根など長期間で発生したズレを正しい位置に戻します。
工事費は業者によって異なります。部分的な交換など発生する場合割高になる場合もあります。
施工後の保証が難しいため、当社ではお勧めしていません。

屋根材の選び方

瓦以外の通常屋根材は、樹脂焼付け塗装という着色方法で着色しますので、樹脂の寿命とともに顔料が風雨で流されて色があせていきます。
アルメット屋根材は、古くから瓦や茶碗などに使われる「釉薬」と呼ばれる着色方法です。高温で焼成すると、釉薬の中の「ガラスの素」がガラスに生成され色の素である顔料をガラスの中に封じこめる方法です。
ガラスの中に色が封じ込められるので基本的に、「色あせ」という概念がなく、長期にわたって色彩を保持できる伝統的な着色方法です。
初期費用はやや高めですが、2回目の塗り替えでトータルコストは逆転し、長く住めば住むほどお得な屋根材です。

屋根材

PageTop

無料屋根診断