屋根用下葺材|横浜・神奈川・東京の屋根修理なら、日テレ・TBS・テレ朝で紹介された「屋根修理プロ」にお任せください。

屋根修理プロ
電話

屋根用下葺材

下葺材は環境に適した素材を選ばなければ耐久年数に大きく差が出ます!

TAJIMA

屋根工事では下葺き材の選択と施工方法が重要になります。下葺材は環境や目的に応じて様々な種類があり、その環境に適した下葺材を選ばなければ耐久年数に大きく差が出ます。
例えば北海道では雪解け水がしみこまないように、表面がベタついた下葺材を使用するのが一般的です。関東では逆に表面がサラサラした下葺材を使用します。
屋根修理プロでは建物の環境に合わせて最適な下葺材をご提案させて頂きます。

屋根用下葺材

取扱い屋根用下葺材

マスタールーフィング

ニューライナールーフィング

ライナールーフィング ラムダLRシリーズ

ホームルーフα

ライナールーフィング 500LRシリーズ

タディスクール

タディスブラッサム

タディスブラック

タディスブラック

PカラーEX+(プラス)プラチナスタイル Pシリーズ

PカラーEX+(プラス) ARK規格「改質アスファルトルーフィング下葺材」ARK-04s適合品

Pカラー/PカラーM JIS A 6005 アスファルトルーフィング940 適合品

アンダーガムロンK

アンダーガムロンM

アンダーガムロンDX

アスヤン SB 105

アスヤン SB 200

PageTop

無料屋根診断