神奈川の屋根修理ならお任せ下さい。

屋根修理プロ
電話

神奈川の屋根修理【ポイントとFAQ】

神奈川で屋根修理が必要になったら、確かな技術と知識と豊富な経験をもつ、株式会社セイフティーリノベーションにお任せください。
私たちは、屋根、外壁の専門店として、長年渡り多くのお客様のお悩みを解決してきました。
大切な家を守るためには、適切なメンテナンスが必須となりますが、普段目に見えない屋根は、定期的なメンテナンスを忘れがちになることが多く、特に状態が悪くなってしまった屋根をしっかり修理・修繕するためには、多くの経験と知識が必要になります。
弊社では、無料で屋根診断も行っています。

屋根修理 神奈川

神奈川、東京、千葉にて、1日4件限定ですが、事前にご予約いただければ、できる限りお客様のご要望に応えさせていただきます。
ホームページ上でも24時間オンライン予約ができますので、お忙しい方はそちらからご予約ください。
診断後は、結果の詳細をご報告させていただき、修理やメンテナンスの有無もお伝えいたしますが、内容やお見積金額に納得できない場合は、お断りいただいても一切料金が発生することも、無理な営業をかけることもありませんので、ご安心ください。
屋根や外壁に関することなら、無料で相談に応じておりますので、小さな疑問や問題でも、どうぞお気軽に弊社までお問合せください。

01神奈川でテレビで取り上げられた屋根修理のプロとは?


様々な業種の会社がひしめき合い、競争が激化する東京・神奈川エリアで日テレ・TBS・テレ朝の3つの番組で紹介された屋根修理業者があります。
激戦区で営業しながら平然と相見積もりをお客様に勧め、「一番最後に連絡を下さい」という営業スタイルの会社が他にあるでしょうか。
営業から施工工事、アフターサービスのすべてを自社で行う元請けの屋根専門業者だからこそ出来る料金設定と、高い工事品質がこの会社の強さです。
下請け業者と分業しながら効率化を図る会社は、中間マージンが発生するため料金が高くなり、お客様の負担が大きくなります。自社施工を実践するためには専門技術者の育成や向上、接客・サービス面の教育など会社力を上げる必要があります。チームとしての完成度が高く、仕事の品質が高いという実力がお客様から支持され、メディアにも取り上げられる成果になったのではないでしょうか。
屋根修理には、雨漏り修理や屋根の葺き替え工事があります。台風や豪雨、地震などの自然災害が多い日本では、各ご家庭による対策は外せません。屋根材の劣化が進むと雨漏りは元より、建物の寿命を縮めてしまうため定期的なメンテナンスが必須です。
自宅の屋根点検をしたことがない、しばらくしていないと言う方はこちらの会社が実践している無料屋根診断を試され、お住いの状態を把握されてはいかがでしょうか。

02屋根修理が初めての方にお伝えしたい業者選びのポイント

一軒家にお住いの方は台風や強風の後に瓦が飛んでしまったり、木が倒れたり、カーポートの屋根が破損するなどの被害に遭われた経験があるのではないでしょうか。被害後にご自身で対処された方もいれば、工務店に依頼して修繕してもらうなど対応されたことでしょう。屋根修理に関しては施工内容によって対応できる業者が違います。もしもの時にいち早く探せるよう、把握しておくと便利です。
屋根塗装業者は塗装を専門に行う業者です。
外壁塗装と合わせて行っている場合も多く、お客様の要望や予算にあった塗料で塗装を行います。屋根材の色褪せが気になる、耐用年数を過ぎて性能が完全になくなっているなど、劣化が感じられる場合は塗装業者に相談しましょう。
次に、板金業者です。屋根材を製作したり、形を整えることを得意としていますが、屋根修理に対応している会社もあります。棟板金が破損した場合は板金業者がおススメです。
そして、屋根修理・リフォーム業者です。
塗装に特化した塗装業者とは異なり、屋根の葺き替え工事、塗装、修理と一通りの施工を行っている屋根の専門家です。葺き替えするべきか、塗装で改善できるのか相談したい時には屋根診断の上、適した施工を提案してくれます。
屋根の状態は分かりにくく、未然に防げるケースが少ないため、定期的な屋根点検を受けることをお勧めします。

屋根修理が初めての方にお伝えしたい業者選びのポイント

03屋根修理における3つのお悩みについて

屋根修理と聞けば雨漏りや、暴風による瓦のズレ、屋根材の破損などが思い浮かぶものです。
屋根修理を行うことになった方のお悩みから3つの事例を見てみましょう。

1.天井から雨漏りしていて押し入れにカビが生えていた

2.雨漏り修理をしたのに別の場所から雨漏りが再発した

3.火災保険で無料で修理出来るとのことで依頼したが、補償額の範囲内での工事しかしてもらえなかった


雨漏りが発生している状態は既に、屋根に何らかの問題が起こっている可能性が高いです。屋根材のひび割れや屋根材のズレが原因で雨水が侵入し、雨漏りに発展している場合や、木材下地の釘浮き、コーキングの剥がれ等、色々なケースが想定できます。
雨漏り箇所を修理しても別の場所から再発するケースは、屋根全体の散水調査が出来ていないため起こったと見受けられます。別途の費用が発生しても、屋根全体の調査を徹底することで追加工事を避けることに繋がります。また、風災による被害には火災保険が適用されますが、100%補償されるわけではありませんし、必ずしも適用されるとは限りません。保険の適用が確定するまでは屋根修理に着工しない事、補償額でどのような修理が行われるかなどの確認が必要です。補償範囲外の工事が必要な場合は、追加料金がかかることがあります。
保険のトラブルは大変多いため、屋根修理業者を選ぶ時には優良業者に依頼し、修理内容と費用の確認を行いましょう。

04屋根修理で使用される屋根材の種類とは?

屋根修理を行う際には屋根の構造を踏まえ、屋根材や張り方を決めていきます。屋根材には大きく分けて4種類のものが使用されています。
・コロニアル 主成分はセメントです。平たい薄い板のような屋根材で、ストレート屋根の商品名にあたり、化粧ストレート、軽量ストレート、カラーベストと呼ばれることもあります。
・陶器瓦 粘土を焼いて製造する瓦は古くから使用されている屋根材の一つです。かつては戸建て住宅で最も使用された屋根材でしたが近年は減少気味です。
・瓦棒(トタン屋根) 昔の代表的な金属屋根で、その多くがトタン製です。縦ラインの凸部分に芯木と呼ばれる木の棒が入っており、縦方向に張る屋根のため縦葺きとも呼びます。
・アスファルトシングル(グラスファイバーシングル) ゴムシート形状の屋根材で、安く施工が簡単なことから近年の建売戸建て住宅で採用されることが多くなっています。
さらに、上記から進化した最近の需要が高い屋根材をご紹介しましょう。
・ガルバリウム鋼板 耐久性の高さから最近の屋根材では金属屋根が急速に普及しています。その中でガルバリウム鋼板の採用が増えています。
・ルーガ 屋根メーカー最大手のケイミューが扱う新しいタイプの厚型セメント瓦で、セメントの中に空気泡や繊維素材が含まれ、耐久性、軽量性に優れます。
・軽量防災瓦 従来の陶器瓦を軽くした瓦で、屋根面がフラットな平板瓦が人気です。最近の新築住宅で瓦を張る場合に採用されることが多い屋根材です。

05神奈川の屋根修理・屋根葺き替え工事専門店の施工対応エリア

品質とコストパフォーマンスを兼ね備えた、自社施工の元請け屋根専門業者があります。
テレビをはじめ、新聞、雑誌などの各メディアからも取り上げられ、横浜市役所のホームページや、新宿区発行の「くらしのガイド」にも搭載されるなど、知名度の高い会社です。ご自身で見ることのできない屋根の劣化を指摘され、業者に言われるがまま工事をすることになり、高額な費用を請求する悪徳業者が散見されます。一方、こちらの会社は、お客様の大切な家を災害から守り、お住いの気候・風土で最大限に効果を発揮する商品のご提案、施工に対し、真摯に向き合う屋根修理のプロです。
東京、神奈川、埼玉に営業所を配しており、お客様の元に最も近い担当者が伺うシステムを採用しています。三密回避のため、公共機関を避けた移動手段を義務化している徹底ぶりで、お客様に不安を与えないよう配慮されているそうです。

(施工対応エリア)
東京・神奈川・横浜・千葉・埼玉


即日対応可能としており、お客さまをお待たせせず、台風などの被害による緊急時にも対応してくれます。屋根診断を無料で依頼できますので、屋根の状態を調べたい方もお気軽に問い合わせされるとよいでしょう。

06神奈川県の屋根修理専門店の屋根材の料金目安

屋根修理を行う際のポイントは屋根材の種類です。屋根材には様々な種類があり、料金が異なります。屋根面積の広いお住いであれば、屋根材の費用と工事費が比例して嵩むことになります。
神奈川県で知名度の高い屋根修理専門店に屋根材の種類と料金の目安をお聞きしました。ネットで申し込みをすると30%オフになりますが、オフ期間がいつ終了になるか未定ですので、お問い合わせ時に金額をご確認下さい。

神奈川県の屋根修理専門店の屋根材の料金目安

金属系屋根材/バルバリウム鋼板 通常価格/1平米あたり9,900円(税込)
割引価格/1平米あたり6,930円(税込)
ネット申込30%オフ/60uの場合:415,800円(税込)
ストレート屋根材 通常価格/1平米あたり6,435円(税込)
割引価格/1平米あたり4,950円(税込)
ネット申込30%オフ/60uの場合:297,000円(税込)
石粒付ガルバリウム金属屋根材 ディプロマット:平形タイプ
通常価格/1平米あたり14,300円(税込)
割引価格/1平米あたり7,150円(税込)
ネット申込30%オフ/60uの場合:429,000円(税込)
石粒付ガルバリウム金属屋根材 エコグラーニ:平形立体タイプ
通常価格/1平米あたり13,750円(税込)
割引価格/1平米あたり8,250円(税込)
ネット申込30%オフ/60uの場合:495,000円(税込)
石粒付ガルバリウム金属屋根材 クラッシック:波形タイプ
通常価格/1平米あたり15,400円(税込)
割引価格/1平米あたり9,240円(税込)
ネット申込30%オフ/60uの場合:554,400円(税込)
石粒付ガルバリウム金属屋根材 ローマン:瓦タイプ
通常価格/1平米あたり16,500円(税込)
割引価格/1平米あたり9,900円(税込)
ネット申込30%オフ/60uの場合:594,000円(税込)

07神奈川県の屋根修理業者が選ばれる3つのポイント

お住いのメンテナンスの一つである屋根のリフォームは、屋根材の耐用年数や、劣化の状態に応じて検討する必要が出てきます。昔ながらの日本瓦を屋根材に使用されている場合、地震発生時の応答加速度が大きくなり、移住空間のの変形や最悪の場合には倒壊してしまうこともあります。そのことから、地震対策のため、軽い屋根材へ屋根の葺き替え工事が増えているのも自然なことだと言えるでしょう。
東京に本社を構え、神奈川、埼玉、千葉などの関東圏を施工エリアとしている屋根修理の専門業者があります。信頼関係を大切にされているこちらの屋根修理業者が選ばれる3つのポイントをご紹介しましょう。

●無料屋根診断を実施
災害対策への不安や、ご自宅の屋根の状態を把握したいご家庭へ無料で点検に伺い、屋根診断結果をお伝えします。

●火災保険申請へのアドバイス・サポート
自然災害による被害で修理が必要な場合、火災保険が適用される可能性があります。保険申請を熟知した屋根診断士が在籍するこちらの会社では、申請について無料アドバイスを行っています。一般の方が保険の申請を行うのは難しいため、専門家のサポートがあると安心です。

●自社施工の元請け業者のためコストを抑えられる
お客様からのご相談やお問い合わせを直接伺い、すぐに対応できる自社施工会社です。中間業者がいない分コストを抑えられ、お客様にお安く、高い工事品質を提供することができます。

08神奈川県の屋根修理専門店と他社との違い

建物の屋根を修理するタイミングは、屋根の劣化が目立ち美観が損なわれたり、雨漏りが起こる被害があった時、耐震性能を高めるための屋根の軽量化や、台風被害により屋根が飛んでしまったというような場合が挙げられます。
毎日のように直射日光や雨風、場合によっては雪にさらされている屋根は、経年とともに劣化し、屋根材の持つ機能が発揮しなくなります。そのため、定期的なメンテナンスと、適時の屋根リフォームを行うことが建物全体の寿命を延ばすことに繋がります。
屋根のリフォームには耐震性を高めるために屋根材を軽量化する屋根の葺き替え工事と、現在の屋根材の上に新しいものを重ねるカバー工法があります。建物の築年数や、構造、耐震強度などを踏まえてご予算とともに適切なリフォームの提案が屋根修理業者から行われるのが一般的です。
神奈川県で屋根工事の施工実績3000件を突破している屋根修理専門店があります。他社をはるかに上回る実績が工事品質と適正な価格、お客様の満足度の高さを表していると言えるでしょう。
無料屋根診断により、ご依頼者様のお住いの屋根を徹底して調査し、現状を分かりやすく説明しながらリフォームの提案を行う、丁寧な対応も評価されています。
お客様に安心して依頼いただける、依頼してよかったと思われる信頼関係を大切にされていますので、屋根業者をお探しの方にお勧めの会社です。

09神奈川県の屋根修理専門店への相談事例

ご自宅の老朽化が気になる方、耐震への対策が十分でなく小さな揺れでも不安になっている方は少なくないでしょう。
お住いのメンテナンスは高額な費用が掛かると思われがちですが、ご自身のお住いの現状を把握することは大切です。あまりにも危険な状態であれば、持ち家を処分され、引っ越されることも安全な一つの選択肢となるでしょう。そのためには屋根や外壁の無料診断を受けるのがお勧めです。建物を守る外壁と屋根の状態を調査することで、お住いの状態を知ることが出来るからです。
無料屋根診断を実施している神奈川県の屋根修理専門店に、お客様からの相談事例をお聞きしました。

神奈川県の屋根修理専門店への相談事例

雨が降ると雨漏りする箇所があり、天井のクロスが膨らんでいるので屋根を見てほしいというご相談を頂きました。また、火災保険での修理対象であるかもご質問があり、合わせて調査することに致しました。
無料屋根診断では、屋根の現状写真を撮影してご覧頂きます。問題点がある場合は丁寧に説明をさせて頂き、屋根のプロとしてベストな補修工事方法を提案し、費用の見積もりを明細書と合わせてご提示致します。現在、メンテナンスが必要かどうかを知ることが出来る有効な診断調査となります。火災保険が適用される可能性があるのは自然災害による被害での修理に限ります。今回のケースでは屋根材の劣化が原因とみられましたが、災害対策や、万が一被害に遭った場合の保険適用認可にもプラスになりますので、定期的なメンテナンス、屋根診断を意識されるのがよいでしょう。

10神奈川県の屋根修理会社へよくある3つの質問

リモートワークの定着やお家時間が長くなったことで、お住いのリフォームの相談が増えているそうです。業者との打ち合わせが必要なため、平日に時間が取りづらく機会を逃していたことや、家に居る時間が増えたことで感じる使いづらさや劣化箇所の発見などがリフォームの決断となったのでしょう。屋根リフォームもその一つです。
神奈川県にある屋根修理会社に、お客様からよくある3つの質問をお聞きしました。
質問 相見積もりを取っていますが、屋根のリフォームの見積もりをお願いできますか?
回答 相見積もりは最低3社されることをお勧めしています。当社は最安値の自信がありますので、一番最後にご依頼下さい。
質問 メールかメッセージで見積り頂きたいのですが、必要な内容を教えて下さい?
回答 当社は非対面・非接触の対応が可能です。LINEでの概算お見積りも可能ですのでお選びください。
屋根の不具合箇所の状態と住宅建物の縦、横のメートル数、スマホなどで3方向からのお家の写真を撮って送って頂ければ見積りの概算が出せます。内容によっては、築年数や階数、建坪、ご希望の屋根材を教えて頂く場合もあります。
質問 屋根診断とはどのような内容ですか?
回答 当社の屋根診断では、屋根に上がり、問題点がないか丁寧にチェックを行います。現状写真を撮り、診断時に問題箇所を発見した場合はお客様にご覧頂きながら詳しくご説明します。また、その問題個所の解決策の提案と費用見積りを明細書と共にご提示します。
診断を受けられたからと無理な営業や勧誘は致しませんのでご安心ください。

11屋根修理業者選びの注意点

POINT 屋根の修理やリフォームが必要になった時、依頼できる業者はいくつかあります。業社により対応している業務が異なるため、状態により選び方が変わります。
いくつかの事例とともに業者選びの注意点を挙げてみましょう。

●新築住宅で10年以内に屋根のトラブルが発生した場合
住宅を建設したハウスメーカーや工務店に連絡しましょう。新築住宅には「住宅瑕疵担保責任保険」が設けられており、引き渡しから10年以内に欠陥が見られると、無料で修理を依頼することが出来ます。

●塗装リフォームで機能性と美観を改善したい場合
屋根の塗装リフォームは、防水性や防汚性などが向上し、耐久性を高める効果とともに見た目の美しさも一新します。
塗装の専門である塗装業者では、外壁塗装と共に屋根の塗装も対応しているところが多く、塗装リフォームの高い工事品質が期待できます。ただ、塗装に特化し屋根修理の経験が少ないケースもあるため、屋根の修理が必要な場合は修理と塗装を同時に依頼できる業者を選びましょう。

●屋根のメンテナンスを含む修理やリフォームを行う場合
屋根修理専門店は屋根のプロであるため、屋根のメンテナンスや修理に幅広く対応しています。台風被害などで大きなダメージを受けた際の修理やひどい雨漏りが起こった場合には屋根修理専門店を選びましょう。

12屋屋根修理における建築用語の解説

天候が安定し、空気が乾燥している時期は屋根修理やリフォームの適正時期であるため業者探しをされる方が多いと思います。
ここでは、屋根修理時における建築用語をいくつか取り上げて解説致しましょう。
●ガルバリウム鋼板
ガルバリウムとは、亜鉛とアルミ、シリコンを組み合わせた合金のことであり、そのガルバリウムでメッキを施した鉄(合金)の建材がガルバリウム鋼板です。"アルミ亜鉛合金メッキ鋼板"と呼ばれることもあります。
防水性に優れることから防錆性にも優れ、耐震性や耐久性、耐熱性や加工性など総合的にバランスの取れたコストパフォーマンスの高い建材として屋根材に多く採用されています。
●屋根葺き替え
屋根の「葺き替え」とは、屋根の下地から屋根の表面までを全て撤去して新しいものに新設する(葺き替える)ことを表します。
屋根は野地板、防水シートといった下地の上に屋根材を覆った状態です。耐用年数の長い瓦屋根を使用されていて、劣化した下地だけを交換し、瓦を再利用する場合は「葺き直し」という方法になります。
●屋根カバー工法
「屋根カバー工法」とは、現在の屋根材を撤去せずその上に新しい防水シートと屋根材を載せる工法のことです。
屋根材を重ねるため重量が増すことから、選べる屋根材が限定され、多くの場合で軽量の金属屋根が利用されています。屋根が二重になることで住まいの断熱性や遮音性が向上するメリットもあります。

FAQ一覧

お役立ち情報

屋根の修理を依頼する業者によって違いは出る?
展開
屋根の修理はどこに依頼しても仕上がりが同じになるかどうかが書かれています。
この業界には手抜き工事をして利益を得ている悪徳業者もいることも紹介されているので、屋根のメンテナンスの予定がある方は参考にしてください。
詳細情報
屋根修理を任せる工事業者選びの注意点とは
展開
屋根のメンテナンスや修理が必要になり、修理業者に直接依頼する際の業者選びの注意点について解説しています。この業界には悪徳業者がいることにも触れているので、騙されたくない方はぜひ目を通してみてください。
詳細情報
屋根の修理をした方が良いのはどんなとき?
展開
自宅の屋根の修理がどのような状態になっていれば必要なのかが分かる内容となっています。
屋根の上に登るのは危険なので、専門業者に点検を依頼すべきことも書かれているので、持ち家がある方は参考にしてください。
詳細情報
屋根修理前に自分で点検してはいけない理由とは
展開
屋根の点検を素人が行わない方が良い理由について解説しています。
屋根に登ることが危険な場合の対処法も書かれているので、どうしても自分の目で屋根の状態を確認したいという方はチェックしてみてください。
詳細情報
屋根の修理中に雨が降ったらどうなるの?
展開
雨漏りがして困っている方より、屋根の修理中に雨が降ってきたときに起こりうるトラブルに関する質問がきて、それに回答した内容になっています。
業者選びが大切なことも書かれているので、屋根修理を考えている方には参考になると思います。
詳細情報
本当に信頼できる屋根修理業者を見分けるポイントとは
展開
屋根修理を手掛けている業者の中には悪徳な商売をしているところもあり、そのような業者に依頼しないためには何に気をつければ良いかが書かれています。
マイホームをお持ち方はいつか屋根の修理やメンテナンスが必要になるのでこれを読めばきっとためになると思います。
詳細情報

PageTop

無料屋根診断
屋根修理プロ

Copyright(C) 屋根修理プロ All Right Reserved.