神奈川の屋根修理ならお任せ下さい。

屋根修理プロ
電話

神奈川の屋根修理【ポイントとFAQ】

神奈川で屋根修理が必要になったら、確かな技術と知識と豊富な経験をもつ、株式会社セイフティーリノベーションにお任せください。
私たちは、屋根、外壁の専門店として、長年渡り多くのお客様のお悩みを解決してきました。
大切な家を守るためには、適切なメンテナンスが必須となりますが、普段目に見えない屋根は、定期的なメンテナンスを忘れがちになることが多く、特に状態が悪くなってしまった屋根をしっかり修理・修繕するためには、多くの経験と知識が必要になります。
弊社では、無料で屋根診断も行っています。

屋根修理 神奈川

神奈川、東京、千葉にて、1日4件限定ですが、事前にご予約いただければ、できる限りお客様のご要望に応えさせていただきます。
ホームページ上でも24時間オンライン予約ができますので、お忙しい方はそちらからご予約ください。
診断後は、結果の詳細をご報告させていただき、修理やメンテナンスの有無もお伝えいたしますが、内容やお見積金額に納得できない場合は、お断りいただいても一切料金が発生することも、無理な営業をかけることもありませんので、ご安心ください。
屋根や外壁に関することなら、無料で相談に応じておりますので、小さな疑問や問題でも、どうぞお気軽に弊社までお問合せください。

01神奈川でテレビで取り上げられた屋根修理のプロとは?


様々な業種の会社がひしめき合い、競争が激化する東京・神奈川エリアで日テレ・TBS・テレ朝の3つの番組で紹介された屋根修理業者があります。
激戦区で営業しながら平然と相見積もりをお客様に勧め、「一番最後に連絡を下さい」という営業スタイルの会社が他にあるでしょうか。
営業から施工工事、アフターサービスのすべてを自社で行う元請けの屋根専門業者だからこそ出来る料金設定と、高い工事品質がこの会社の強さです。
下請け業者と分業しながら効率化を図る会社は、中間マージンが発生するため料金が高くなり、お客様の負担が大きくなります。自社施工を実践するためには専門技術者の育成や向上、接客・サービス面の教育など会社力を上げる必要があります。チームとしての完成度が高く、仕事の品質が高いという実力がお客様から支持され、メディアにも取り上げられる成果になったのではないでしょうか。
屋根修理には、雨漏り修理や屋根の葺き替え工事があります。台風や豪雨、地震などの自然災害が多い日本では、各ご家庭による対策は外せません。屋根材の劣化が進むと雨漏りは元より、建物の寿命を縮めてしまうため定期的なメンテナンスが必須です。
自宅の屋根点検をしたことがない、しばらくしていないと言う方はこちらの会社が実践している無料屋根診断を試され、お住いの状態を把握されてはいかがでしょうか。

02屋根修理が初めての方にお伝えしたい業者選びのポイント

一軒家にお住いの方は台風や強風の後に瓦が飛んでしまったり、木が倒れたり、カーポートの屋根が破損するなどの被害に遭われた経験があるのではないでしょうか。被害後にご自身で対処された方もいれば、工務店に依頼して修繕してもらうなど対応されたことでしょう。屋根修理に関しては施工内容によって対応できる業者が違います。もしもの時にいち早く探せるよう、把握しておくと便利です。
屋根塗装業者は塗装を専門に行う業者です。
外壁塗装と合わせて行っている場合も多く、お客様の要望や予算にあった塗料で塗装を行います。屋根材の色褪せが気になる、耐用年数を過ぎて性能が完全になくなっているなど、劣化が感じられる場合は塗装業者に相談しましょう。
次に、板金業者です。屋根材を製作したり、形を整えることを得意としていますが、屋根修理に対応している会社もあります。棟板金が破損した場合は板金業者がおススメです。
そして、屋根修理・リフォーム業者です。
塗装に特化した塗装業者とは異なり、屋根の葺き替え工事、塗装、修理と一通りの施工を行っている屋根の専門家です。葺き替えするべきか、塗装で改善できるのか相談したい時には屋根診断の上、適した施工を提案してくれます。
屋根の状態は分かりにくく、未然に防げるケースが少ないため、定期的な屋根点検を受けることをお勧めします。

屋根修理が初めての方にお伝えしたい業者選びのポイント

03屋根修理における3つのお悩みについて

屋根修理と聞けば雨漏りや、暴風による瓦のズレ、屋根材の破損などが思い浮かぶものです。
屋根修理を行うことになった方のお悩みから3つの事例を見てみましょう。

1.天井から雨漏りしていて押し入れにカビが生えていた

2.雨漏り修理をしたのに別の場所から雨漏りが再発した

3.火災保険で無料で修理出来るとのことで依頼したが、補償額の範囲内での工事しかしてもらえなかった


雨漏りが発生している状態は既に、屋根に何らかの問題が起こっている可能性が高いです。屋根材のひび割れや屋根材のズレが原因で雨水が侵入し、雨漏りに発展している場合や、木材下地の釘浮き、コーキングの剥がれ等、色々なケースが想定できます。
雨漏り箇所を修理しても別の場所から再発するケースは、屋根全体の散水調査が出来ていないため起こったと見受けられます。別途の費用が発生しても、屋根全体の調査を徹底することで追加工事を避けることに繋がります。また、風災による被害には火災保険が適用されますが、100%補償されるわけではありませんし、必ずしも適用されるとは限りません。保険の適用が確定するまでは屋根修理に着工しない事、補償額でどのような修理が行われるかなどの確認が必要です。補償範囲外の工事が必要な場合は、追加料金がかかることがあります。
保険のトラブルは大変多いため、屋根修理業者を選ぶ時には優良業者に依頼し、修理内容と費用の確認を行いましょう。

04屋根修理で使用される屋根材の種類とは?

屋根修理を行う際には屋根の構造を踏まえ、屋根材や張り方を決めていきます。屋根材には大きく分けて4種類のものが使用されています。
・コロニアル 主成分はセメントです。平たい薄い板のような屋根材で、ストレート屋根の商品名にあたり、化粧ストレート、軽量ストレート、カラーベストと呼ばれることもあります。
・陶器瓦 粘土を焼いて製造する瓦は古くから使用されている屋根材の一つです。かつては戸建て住宅で最も使用された屋根材でしたが近年は減少気味です。
・瓦棒(トタン屋根) 昔の代表的な金属屋根で、その多くがトタン製です。縦ラインの凸部分に芯木と呼ばれる木の棒が入っており、縦方向に張る屋根のため縦葺きとも呼びます。
・アスファルトシングル(グラスファイバーシングル) ゴムシート形状の屋根材で、安く施工が簡単なことから近年の建売戸建て住宅で採用されることが多くなっています。
さらに、上記から進化した最近の需要が高い屋根材をご紹介しましょう。
・ガルバリウム鋼板 耐久性の高さから最近の屋根材では金属屋根が急速に普及しています。その中でガルバリウム鋼板の採用が増えています。
・ルーガ 屋根メーカー最大手のケイミューが扱う新しいタイプの厚型セメント瓦で、セメントの中に空気泡や繊維素材が含まれ、耐久性、軽量性に優れます。
・軽量防災瓦 従来の陶器瓦を軽くした瓦で、屋根面がフラットな平板瓦が人気です。最近の新築住宅で瓦を張る場合に採用されることが多い屋根材です。

FAQ一覧

PageTop

無料屋根診断
屋根修理プロ

Copyright(C) 屋根修理プロ All Right Reserved.