東京の屋根修理ならお任せ下さい。

屋根修理プロ
電話

東京の屋根修理【ポイントとFAQ】

東京で屋根の修理や葺き替えなどが必要な方は、屋根修理プロの株式会社セイフティーリノベーションをご利用ください。
弊社は工事や屋根材の品質や価格において、どこにも負けない自信をもっています。
ただ工事代金を安くするなら、手抜き工事や使用する材料の質を落として対応することも可能ですが、弊社ではそのような姑息な手段は一切とらなくても、すべてのお客様に高品質なサービスを安くお届けできる仕組みを確立しています。
多くの屋根工事の実績と技術をもつ熟練スタッフが、現場や状況に合わせた最適な工事をご提供いたします。

屋根修理 東京

それに加えて長期保証もお付けすることで、皆様に安心をお届けできます。
他社様との相見積りは大歓迎です。
必ず最安値でお見積りいたしますので、一番最後にお問合せください。
屋根材を直接仕入れしており、自社施工なので、見積価格はどこにも負けません。
施工実績3000件を突破した数多くの経験と知識を活かして、今後も最高をお届けしておくことをお約束いたします。
お見積り前に、屋根診断も無料で行っております。
弊社は、土日も休まず皆様からのお問い合わせをお待ちしております。
屋根のこと何でもご相談ください。

01屋根修理の必要性とは


持ち家がある方でも、屋根修理の必要性について考えたことがないという人は少なくありません。特に家を建設した際に、施工元から屋根のメンテナンスについて何も聞いていない場合は、普段は目にしない屋根の表面の状態まで気に掛ける人はまずいません。
しかし、戸建て住宅に限らずどんな建物の屋根にも必ずメンテナンスや修理は必要なときがやってきて、そのときにきちんと対処しなければ屋根だけではなく、建物自体に悪影響を及ぼす可能性を高めてしまいます。なぜなら、屋根はすべての建物のてっぺんにあり、家全体をカバーして守っているからです。
屋根は建物が建築された瞬間から、紫外線や雨などから人間を守っています。屋根がなければ野晒し状態となり、日常生活を送ることはできません。雨はカバーできても、紫外線を直接浴び続けることで、体調を崩して病気になってしまいます。
屋根は家が建った瞬間から老朽化が進み、劣化の程度が酷くなれば雨水を建物中に入れてしまう可能性を高めてしまいます。
屋根から雨水が侵入すれば、家の内部に入り込んで、木造や鉄筋で構成されている建物の構造体を腐らせ、最悪取り壊しや建て替えが必要になってしまいます。

02屋根修理を初めて行うときに注意すべきポイントを紹介

屋根の修理やリフォーム工事をした方が、しばらくして大きな問題に巻き込まれる事例が多く確認されています。
その原因には業者選びを間違えたというものが多く、初めて屋根修理などを行う場合は、注意しなくてはいけないポイントがいくつかあります。
屋根は家を覆う大事な部分で、常に外気に触れているため老朽化もしやすく、定期的に塗装工事や修繕をしなくてはいけません。そのときには専門業者に依頼することになりますが、使用する屋根材や塗料や工事の質によって耐久性が変わってきます。
悪徳業者には注意をしなくてはいけませんが、そうでなくてもとにかく安くという考えで、価格だけで比較して依頼先を選んでしまうと、結局すぐにまた修理やメンテナンスが必要になってしまう確率を高めてしまいます。
新築時に選んだ屋根材や塗料によっても耐用年数が異なりますが、屋根塗装は平均的に10〜15年ごとに行う必要があります。今ではより耐用年数が長い塗料も開発されているので、塗料に関しての知識を頭に入れておくことも、屋根修理を行うときの大事なポイントです。
そのうえで、信頼できる業者を選択できれば、後悔することはないと思います。

屋根修理を初めて行うときに注意すべきポイントを紹介

03屋根の修理で良くある3つのお悩みを紹介

1.屋根は定期的な修理が必要なの?
家を新築した多くの方が、屋根のメンテナンスについて聞いていなかったという現実があります。
夢のマイホームを建てるときには、多くの方が浮かれていて、施工会社から説明を受けたのに覚えていないというケースもあるようですが、屋根に関する今後の説明をしない業者も少なくないのが現実です。
四六時中雨風や紫外線に触れていて、家全体を守ってくれている屋根は、屋根の素材や使用している塗料によっても異なりますが、一般的には10年程度でメンテナンスが必要になります。
それを怠ればどんどん屋根は劣化して、大掛かりな修理や葺き替え工事を余儀なくされます。

2.以前修理を依頼した業者さんが廃業していた
屋根の修理やメンテナンスは、一般的に10年程度で行われるため、以前修理をお願いした屋根屋さんが廃業や倒産していたというケースは良くあることです。
屋根の修理に対応している会社が日本中にたくさんあるので、信頼できる業者を選択して、必ず定期的に屋根のメンテナンスや必要に応じて修理を続けてください。

3.台風で屋根が傷ついた
台風などの自然災害で屋根がダメージを受けたときには、早急に屋根の修理をしなくてはいけませんが、台風などでの被害には火災保険が適用になるため、まずは保険会社か保険に対応してくれる修理業者に連絡して手続きを行いましょう。
せっかく適用になる保険を使わない手はありません。

04屋根の修理にはどのような種類がある?

屋根の修理にはどのような種類がある?

屋根の修理を大きく分けると、部分的な修理屋根全面を対象にした2種類の方法があります。
部分修理とは、その字の通りに部分的に傷ついたり錆びついたりした部分を修繕する方法で、その方法には「屋根材の一部交換や差し替え」「防水テープ張り」「シーリング充てんによる接着」などさまざまなものがあり、屋根を全体的に修理することとの大きな違いはかかる費用です。
簡易な修理では数万円程度で済むケースも多いです。これに対して全面的な屋根の修理には100万円以上の費用がかかることが多くなっています。
屋根の全体的な修理には、葺き替えとカバー工法があります。
屋根の葺き替えとは、既存の屋根を全て剥がして新しい屋根張り替えする工事です。貼り替えでは屋根材の他にも、屋根の下地に使用されている木材や防水シートも合わせて交換することになります。
これに対してカバー工法は、既存の屋根の上に新しい屋根を重ねていく方法です。瓦屋根ではカバー工法は選択できませんが、その他の平らの屋根には利用でき、葺き替え工事よりも費用が安く済むのが大きな特徴です。
また、工事の手間も大幅に軽減できるため、工期もかなり抑えられるようになっています。

05東京・神奈川・千葉・埼玉エリアで屋根修理に対応

東京23区を中心に、神奈川、千葉、埼玉など広域にわたって屋根周知に対応しています。
東京都は、東京特別区の23区を中心に、西側に多くある市町村と、小笠原、大島、八丈、三宅などの島嶼部から構成されています。
東京と言えば大都会のイメージですが、23区以外にも大自然があり、地区によって全く違う趣があります。
首都東京には日本を代表する企業が本社を構えていて、東京大学をはじめとする有名大学も東京に集結されています。そのため、日本全国から優秀な学生が東京に集まってきます。
東京には他県では購入できないような食品や日用品も、国内産、輸入品ともに集められ、ここで手に入らないものはないとされています。
東京は世界の都市総合ランキングでも、ロンドン、ニューヨーク、パリに次ぐ都市となっていて、アジアでは長年第一位を獲得しています。
他県と比べて特徴的なことはいろいろありますが、その中でも地代が高いことが目立っています。マンションやアパートなどの家賃は、東京23区であれば圧倒的に相場が高く、地方では家族で5万円程度で住むことができる部屋でも、東京では20万円以上になるということも珍しくありません。

06古い屋根を修理するときにかかる費用はどのくらい?

古くなった屋根をそのまま放置しておくと、屋根材に亀裂が入ったりして雨漏りが発生してしまう可能性が高まります。
雨漏りが起きると屋根材から雨水が家の中に入り込み、まずは屋根の下地材に浸水して、家の構造体にも悪影響を及ぼしてしまいます。
雨水は家の構造体である木材などを腐食させる原因となり、最悪雨水のせいでシロアリが発生して、構造体をボロボロにして家が崩壊するということにもなりかねません。シロアリが発生して早期に対応すれば対処できる場合もありますが、手遅れの状態になると家の建て替えを余儀なくされてしまいます。

古い屋根を修理するときにかかる費用はどのくらい?

そうならないためにも屋根の修理やメンテナンスが必要になるわけですが、屋根の修理にもいろいろな種類があって、簡単な工事であれば数万円でできるものもあれば、大掛かりな工事が必要になれば数百万の費用がかかるケースも珍しくありません。
屋根には定期的なメンテンナンスが必要で、それは屋根の塗装工事です。屋根の表面には塗装が施されていますが、塗料の寿命を迎えてしまうことでも雨漏りの原因になってしまいます。
塗装工事を定期的に行えば、屋根の傷なども手当できます。塗装工事には一般的には40〜60万円程度の費用がかかります。屋根の面積や使用する塗料や依頼する業者によって工事費用は大きく異なります。

07屋根の修理を行うときに覚えておいた方が良い3つのポイント

01屋根の劣化の原因を把握しよう

雨漏りが起きたり、台風などの災害で屋根にダメージを受けたりした場合は早急に屋根の修理が必要になります。しかし。特別目に見える症状が起きていない場合は、屋根修理に踏み切らない人の方が多いのが現実です。
屋根は家を建てたときから劣化がはじまっていて、四六時中雨風に晒されている屋根は経年劣化で定期的な修理が必要になるため、屋根の劣化の原因を把握して、時期がきたら必要な修理を行うようにしましょう。

02屋根修理の相場を知ろう

屋根修理にかかる費用は屋根が受けているダメージによっても異なりますが、同じ修理をするにしても依頼する業者によって修理費用は異なります。
少しでも安く屋根修理をしたいなら、屋根修理にかかる費用相場を知る必要があります。費用相場を調べるには多くの業者から相見積もりをとるのが一番ですが、今ではインターネット上にも大体の相場を調べることができるようになっています。

03屋根の修理費用を安くする方法がある

相見積もりをとれば、安く修理をしてもらえる業者が分かるので必然的に修理費用を安く抑えることができますが、その他にも費用を抑える方法があります。
業者によって値段交渉に応じてくれる場合もあれば、屋根修理に使用する塗料を自分で調べて選ぶという方法もあります。ただ単に見積金額が低い業者を選ぶのではなく、第一は信頼できる業者に屋根修理をお願いするようにしましょう。

08屋根の修理を依頼する業者選びのポイントとは

屋根修理を依頼するタイミングはなかなか分かりにくくなっていて、その理由は屋根の上の状態を確認するためには直接屋根に登る必要があるからです。
実はこの点に付け込む悪徳業者がこの業界には多くいて、屋根の状態が悪いからすぐに修理をしなければ大変になるなどと消費者の不安を煽り、営業を掛けてくるふとどき者の被害にたくさんの人が逢っているのです。
悪徳業者の有名な手口として訪問販売があるので、自分からお願いしていないのに屋根の修理を迫ってくるような業者には関わらないようにしましょう。
そのうえで、屋根の修理を依頼する業者の選び方は、見積りを出す前に丁寧に屋根の状態をチェックして、診断結果を写真なども見せて説明してくれるかどうかで判断することをおすすめします。
自分の目で状態が確認できない場合は、状態が悪いと嘘の報告をされている可能性があります。
屋根の修理が必要になる時期や、屋根修理の相場をあらかじめ確認しておくのも大事なポイントです。
屋根材や使用している塗料によっても修理やメンテナンスの時期は異なりますが、一般的に10〜15年おきに屋根の塗替えは必要になるため、その時期に合わせて信頼できそうな業者をインターネットなどで探して、複数社から相見積りをとりましょう。

FAQ一覧

PageTop

無料屋根診断
屋根修理プロ

Copyright(C) 屋根修理プロ All Right Reserved.